この星の格闘技を追いかける

【UFC177】サブミッションがトップキープを上回る。ファーガソンが接戦を制す

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン(米国)
Def.2-1:29-28, 28-29, 29-28
ダニー・カスティーリョ(米国)

インローを蹴って前に出るファーガソン。カスティーリョもタックルを見せつつ右フックを強振する。ファーガソンはジャブを伸ばして左ミドル、カスティーリョは下がりながらワンツーを返す。カスティーリョのパンチをブロックして左右のローを蹴るファーガソン。カスティーリョはパンチからシングルレッグを仕掛ける。

ジャブ、ワンツーで前に出るファーガソン、カスティーリョがタックルに組みつくとアナコンダチョークに捉える。両腕をクラッチして絞めるファーガソンだが、カスティーリョが頭を抜いてトップキープする。ファーガソンはカスティーリョのパスガードを阻止。カスティーリョもインサイドガードからヒジとパンチを落とした。

2Rもガードを高く上げてジャブとインローで前に出るファーガソン。カスティーリョもワンツーや右ストレートを返し、タックルを狙う。ファーガソンが圧力をかけて、カスティーリョが下がりながらパンチを返す展開が続き、カスティーリョがシングルレッグに入る。

ここでスクランブルの攻防になると、ファーガソンが前転して足関節へ。潰したカスティーリョがトップキープ、一度はファーガソンがブリッジで脱出するが、カスティーリョもすぐにトップポジションを奪い返す。ヒップスロー、足関節、スイッチなど果敢にガードから仕掛けるファーガソン。カスティーリョはトップキープを続けて小さくパンチを落とす。

3R、ジャブから前に出るファーガソン。カスティーリョは右フックをかぶせる。ファーガソンは自らマットに寝転んで寝技に誘い、カスティーリョのシングルレッグにアームロックを狙う。カスティーリョも腕を抜いてダブルレッグでファーガソンをケージに押し込み、ファーガソンの体を持ち上げてテイクダウンする。

ガードポジションのファーガソンは足関節や三角絞めを狙い、カスティーリョはそれをディフェンスしてトップキープ。コツコツとヒジ・パンチを落としていく。必死にケージまで移動して立ち上がろうとするファーガソン。カスティーリョはバックをうかがいつつ肩固めへ。この態勢のまま、試合終了となった。

果敢にサブミッションを狙い続けたファーガソンとそれをディフェンスしてトップキープしたカスティーリョ。スプリット判定はファーガソンに軍配が上がった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday