この星の格闘技を追いかける

【UFC94】GSP×BJ以外も好カード目白押し

2008.12.25

(C)ZUFFA来年1月31 日(土・現地時間)にラスベガスMGMグランド・ガーデンアリーナで行われるUFC94『ST-PIRRE vs PENN 2』の全対戦カードが発表されている。

【写真】BJ・ペンが「チャンピオン同士なのに、なぜ俺がGSPの肩に隠れる」と不満を露にした同大会のポスター

世紀の一戦と謳われる世界ウェルター級選手権試合、GSP×BJ・ペンの再戦が行われるスーパーボウル・ウィークエンドのイベントは、メイン&プレリミナリーカードともに興味深いマッチアップが目白押しとなっている。


メインカードでの注目は、ライトヘビー級次期チャレンジャー決定戦といっても過言でないリョート・マチダ×チアゴ・シウバの11勝無敗対決。ライト級ではついにTUF5ウィナーのネイト・ディアズが、トップグループの一角であるクレイ・グイダと対戦する。

ufc88_05_kim_vs_brown_001一方のプレリミナリーで目立っているのは、ジョン・フィッチ×郷野聡寛のウェルター級戦だろう。PPVカードでは同じウェルター級のカロ・パリシャン×キム・ドンヒョンが組まれている点は解せないが、UFC中継の視聴率が好調な韓国、そしてライブ中継ではない日本というTV環境の差が、この試合順の逆転現象を生んだかもしれない。

1月は17日の英国大会に始まり、25日のWECサンディエゴ大会、そしてこのUFC94、さらに2月7日のUFCファイトナイトと4週連続のイベント開催となるズッファ。親会社の不調、経済危機のなか、史上最高のラインナップが揃うといわれているUFC100まで一気に加速しそうな気配だ。

(文中写真(C)ZUFFA)

■なお、UFC94の対戦カードは下記の通りとなる

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョルジュ・サンピエール(カナダ)
[挑戦者]BJ・ペン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
リョート・マチダ(ブラジル)
チアゴ・シウバ(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
ステファン・ボナー(米国)
ジョン・ジョーンズ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
カロ・パリシャン(米国)
キム・ドンヒョン(韓国)

<ライト級/5分3R>
ネイト・ディアズ(米国)
クレイ・グイダ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ(米国)
郷野聡寛(日本)

<ライト級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン(米国)
チアゴ・タバレス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
クリス・ウィルソン(米国)
ジョン・ハワード(米国)

<ヘビー級/5分3R>
クリスチャン・ウェリッシュ(米国)
ジェイク・オブライエン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マット・アロヨ(米国)
ダン・クレイマー(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie