この星の格闘技を追いかける

【UFC FX04】ストーリーがパーフェクトゲームでジャーディンに完勝

2012.06.23

<ウェルター級/5分3R>
リック・ストーリー(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ブロック・ジャーディン(米国)

左ミドルをまず放ち、左ストレートを伸ばすストーリー。ジャーディンが前に出て来るところにアッパーを合せる。ジャーディンは最初のテイクダウン狙いは阻止されたが、左フックをヒットさせる。さらに左ミドルを見せるジャーディンは、落ち着いてストーリーのパンチをかわすが、直後にテイクダウンを許してしまう。

バックコントロールから、ハーフバックの態勢のストーリー。ジャーディンが亀の態勢になると、両足をフックするが落されるリスクを考慮し、自らサイドバックへ。起き上がったジャーディンは、リラックスした構えから左ボディを見せるも距離が遠い。ストーリーはジャーディンの差し上げテイクダウンを察知して距離を取ると、左ミドルへ。ここに右を合せたジャーディン、パンチのスピードは速い。残り10秒、ストーリーが左ハイから前に出たところで最初の5分間が終了した。

2R、右ハイを放つジャーディン、右を伸ばすがストーリーは構わす前に出て、再びシングルレッグからバックへ。臀部にヒザを入れ、ここでもワンフックの状態でトップをキープする。ジャーディンは立ち上がると、距離を取り直す。左ミドル、ハイから組みつくストーリー。亀になったジャーディンから、この試合3度目となるバック奪取へ。

手首をはがして向き合おうとするジャーディンは、バックを許したまま立ち上がる。パンチを入れながら距離を取ったストーリーは、距離を測りながら蹴り、パンチを繰り出す。前に出られないジャーディンが、残り20秒でテイクダウンを取ったストーリー。ついにジャーディンがガードポジションを取る。足を払いながら左のパウンドを落したストーリー、当たりは浅かったものの確実にラウンドを手にした。

最終回もバックコントロールからパンチを入れ、ジャーディンのテイクダウン狙いを切るなどストーリー優勢は続く。逆転にフィニッシュが必要なジャーディンだが、自らの蹴りでバランスを崩すなど、削られているのは確かだ。と、ストーリーのヒザを受けて、動きが止ったジャーディン。ダースチョークこそエスケープするも、スタンドに戻って後ろ蹴りで急所を蹴り上げてしまう。

再開後、ストーリーは左ストレート、左ミドルを放ち、ジャーディンのテイクダウン狙いを潰してがぶる。スタンドに戻ってからも、ジャーディンに逆転を芽を与えないストーリーは、残り1分を切ってテイクダウンを許すも、同時に腕十字へ。腕をロックして、時間の経過を待ったストーリーは、残り5秒でジャーディンが仕掛けたヒザ十字を余裕いっぱいに防ぐとタイムアップに。パーフェクトゲームを見せたストーリーが、当然のようにフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie