この星の格闘技を追いかける

ヒョードルがヒーゾを一蹴。W王座戦はガーナー&カマナエフが勝利

2012年6月21日(木・現地時間)、ロシアのサンクトペテルブルクにあるアイス・パレスでは、M-1 Global「Fedor vs Rizzo」が開催された。

そのメインイベントでは、エメリヤーエンコ・ヒョードルが、ブラジルのペドロ・ヒーゾと対戦。開始から、じわじわとプレッシャーをかけるヒョードルに対し、オーソドックスのヒーゾは右からストレート、ジャブを放つも、ヒョードルには届かず。すると左ミドルを放ったヒョードルは、左フックでヒーゾのバランスを崩すと、右から鋭い左のフックを放ったが、これは空を切った。

ここでヒョードルのローにワンツーをあわせたヒーゾだったが、ヒョードルはスーパーマンパンチのように右フックを打ち込むと、左につないでダウンを奪い、そのままパウンドの連打で決着。昨年大晦日に日本で行われたDREAM・石井慧戦から約7ヶ月ぶりの試合を84秒・TKO勝利で飾った。

また、同大会ではヘビー&ライトで王座戦が開催され、ヘビー級選手権では、M-1で定期的に試合を行っている暫定王者ケニー・ガーナーが、11勝0敗のM-1ヘビー級王者グラム・グジェニシュビレを下し、王座統一に成功。ライト級ではロシアのムサ・カマナエフがダニエル・ヴェイケルを破り、新M-1ライト級王座に輝いた。

ヘビー級/5分3R
○エメリヤーエンコ・ヒョードル
(ロシア)
1R1分24秒
TKO
詳細はコチラ
ペドロ・ヒーゾ×
(ブラジル)
M-1ヘビー級選手権試合/5分5R
○ケニー・ガーナー
(米国)
3R終了時
TKO
詳細はコチラ
グラム・グジェニシュビレ×
(グルジア)
M-1ライト級選手権試合/5分5R
○ムサ・カマナエフ
(ロシア)
1R1分43秒
ヒールフック
詳細はコチラ
ダニエル・ヴェイケル×
(ドイツ)
ヘビー級/5分2R
○ジェフ・モンソン
(米国)
1R2分00秒
ノースサウスチョーク
詳細はコチラ
デニス・コムキン×
(ロシア)
ライト級/5分3R
○マラット・ガイフロフ
(ロシア)
2R終了
判定
詳細はコチラ
マイルベク・タイズモフ×
(オーストラリア)
フェザー級/5分2R
○ミカイル・マリューチン
(ロシア)
1R3分16秒
TKO
詳細はコチラ
レナト・ガサノフ×
(アゼルバイジャン)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie