この星の格闘技を追いかける

【M-1】ヒョードル、母国で圧倒的な強さを見せヒーゾを84秒で倒す

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
Def.1R1分24秒 by TKO
ペドロ・ヒーゾ(ブラジル)

長い長い入場、観客が総立ちで迎えるなかヒョードルがリングに登場。タイトル戦でも行われなかったロシア、ブラジル国歌の斉唱が行われる。両者慎重な立ち上がりのなか、ヒョードルの右から左がヒットし、ヒーゾがバランスを失いかける。続いて遠い距離からやや強引にパンチを振り回すが、ここはヒーゾが冷静に距離を取った。

すると強烈な右ローキックを蹴りこんだヒョードルは、スーパーマンパンチのように右フックを打ち込むと、左につないでダウンを奪う。そのままパウンドの連打で試合を決めたヒョードル。試合後にはプーチン大統領がリングに上がり、抱き合うなど皇帝のロシアにおける存在の大きさがうかがえるフィナーレとなった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY