この星の格闘技を追いかける

【TUF8】ソジンスキー、攻め続け完勝

2008.12.14

 (C) ZUFFA■第5試合 ライトヘビー級/5分3R
クリジストフ・ソジンスキー(カナダ)
Def.2R3分27秒/キムラロック
シェーン・プライム(米国)

【写真】プライムの左腕をキムラロックで捻じ曲げたソジンスキーが一本勝ちを挙げた (C) ZUFFA

序盤から鋭いパンチをヒットさせたソジンスキー。プライムにテイクダウンを奪われても立ち上がり、打撃戦を挑み、プライムのテイクダウン・アテンプトを切ると、クローズドガードをとったプライムを持ち上げてスラムで叩きつける。


ソジンスキーは首を固定しアッパー、プライムの首相撲を組みかえ、ヒザを蹴りあげていく。プライムはスタンドでエルボーを見せ、ここでタックルへいくが、潰されガードへ。一度はパスに成功したソジンスキーだが、足を戻されると立ち上がり、パウンドを落としながらハーフへ。ここからアームロックを狙うが、残り時間30秒でアームロックを解きパウンドに切り替え、ソジンスキーが圧倒的に優勢のまま初回が終わった。

インターバル中にダン・ヘンダーソンから「恐れずに攻めろ」と指示を受けたソジンスキーは、鋭い左フックでプライムのパンチを迎え撃つ。さらに左右のフックで攻めると、アッパー、右ストレートと攻め手を弛めない。

遠い距離から勢いをつけ両足タックルを狙ったプライムは、ケージにソジンスキーを押し込むが、テイクダウンを奪うに至らない。テイクダウン狙いから再び引き込んだプライム。ソジンスキーはすぐに左足を抜いてハーフガードに。プライムの片足タックル狙いを遮断したソジンスキーは、またもやハーフガードからアームロックへ。

足を抜きつつ、プライムの左腕を捻じ曲げたソジンスキーが、そのまま力いっぱい腕を捩じりあげ、一本勝ちを収めた。

『TUF Season8 Finale』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie