この星の格闘技を追いかける

【UFN47】サラ・マクマンがTDからトップコントロールで、インヴィクタ王者マーフィーに辛勝

<女子バンタム級/5分3R>
サラ・マクマン(米国/4位)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ローレン・マーフィー(米国)

インヴィクタFCバンタム級チャンピオンから、UFC出場を決めたマーフィーが、アテネ五輪女子レスリング銀メダリストのサラ・マクマンと対戦。ワンツーからシングルレッグ、足を払ったマクマンがテイクダウンに成功する。マーフィーがガードからエルボーを放ち、マクマンを固める。大きなパンチを振るうマクマンだが、手数は少ない。半分を過ぎ、左パンチを落したマクマンは残り1分となり、右を連続で放つ。このままマクマンがトップからパンチを落とし、初回が終了した。

2R、細かいパンチの応酬で足を滑らしたマクマンにマーフィーの右がヒット。直後にマクマンが組みつくもテイクダウンには至らない。続く打撃戦で右ストレートから踏み込んだマクマンが、ボディロックから完璧な形でテイクダウンを決める。右足を抜いたマクマン、マーフィーは頑強なハーフガードを見せる。マーフィーがフルガードに戻すと、レフェリーがブレイクを命じる。シングルから右腕を差してマーフィーをケージに詰めるマクマンは、後方にいなしてテイクダウン。サイドを取られながら、マーフィーはエルボーへ。マクマンがサイドポジションで2Rを戦い終えた。

3R、マクマンの右アッパー、マーフィーの右ストレートが交錯。さらにマクマンが右を伸ばし、マーフィーがパンチを返し打撃戦に。マクマンは左ストレートから蹴りも見せる。マーフィーは左ローから左ジャブ、そして右ストレートを決める。遠い距離からシングルで組みついたマクマンだが、マーフィーがケージを利して耐える。両者が離れると、マクマンが右をヒット。シングルから腰をコントロールし、マーフィーに尻餅をつかせる。エルボーを落とし、立ち上がったマーフィーは頭を押してシングルを切り、エルボーを続ける。

キムラロックから細かいパンチとヒジを出し続けたマーフィー、マクマンはシングルを続けるも、遂に足を引抜かれる。最後の15秒、両者はスタンドの打撃戦となり、最終回はマーフィーのラウンドとなったか。結果、3Rのトータルではテイクダウンでポイントを取ったマクマンが、スプリットでマクマンが勝利した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie