この星の格闘技を追いかける

【K-1】名城はマカリスターのリーチに苦しみ、判定負け

<K-1 World Max 1回戦/3分3R>
リース・マカリスター(英国)
Def.判定3-0
名城裕司(日本)

身長差の大きい名城とマカリスター。長身のマカリスターに、名城がサウスポーの構えから左ボディフックを見舞っていく。右ローから右フックを見せたマカリスター。リーチの差が名城を苦しめるか。マカリスターはハイキックから、ヒザを打ち込み試合をリードする。名城も左から右を打ちこみ、前に出る。マカリスターの左に右を合わせようとする名城は、リーチの差をモノともせず前に出る姿勢を見せ続けた。

2R、名城の蹴り足を掴み続けたマカリスターが注意を受ける。ローを伸ばすマカリスターに対し、名城は右を伸ばすも、フライングニーからフックをヒットされてしまう。右を当てた名城は、右ハイをブロックして右を放っていく。右から左を受けた名城だが、負けじと左を打ち返す。蹴りからヒザを入れたマカリスターは、左フックを打ち込み、右アッパーを放つ。
2Rはマカリスターのラウンドとなったか。

3R、右ハイを連続で蹴り上げるマカリスターは、右ストレートからフックの連打を放っていく。ジャブだけでなく、右ストレートに行く手を阻まれる名城は、左ハイを軽くヒットさせるが勢いを持続できない。前に出たマカリスターは、荒いフックから右ハイキックを名城の顔面に届かせる。名城も左ハイを見せるが、マカリスターがブロックしたところでタイムアップとなった。
結果、判定3-0でマカリスターが名城を下した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF