この星の格闘技を追いかける

【K-1】注目のシュー・イェンから、城戸が回転バックフィストでKO勝ち

<K-1 World Max 1回戦/3分3R>
城戸康裕(日本)
Def.3R by KO
シュー・イェン(中国)

城戸は右ローを放ち、シュー・イェンはサイドキックを見せる。サウスポーの城戸は、手を高くあげたガードから、ローを見せる。城戸の左ハイがシュー・イェンの頭部をかすめる。シュー・イェンは右を打ちこみ、城戸はスピングバックフィストを返すも空振りに。プレッシャーを与えるのはシュー・イェン。城戸はコーナーやロープに追い込まれるシーンが多い。シュー・イェンが距離を詰めてフックを放ったところで、初回が終了した。

2R、前蹴りを放った城戸だが、すぐにコーナーに詰められる。両者、手数が少なく観客からは口笛が吹かれる。シュー・イェンのワンツーをかわした城戸は、ヒザをボディ蹴り上げるが、なかなか前に出ることはできずロープを背負う展開が続く。城戸が前蹴りから左ミドルを放ったところで、互いに自分の間合いを掴み切ることができなかった2R終了のゴングが打ち鳴らされた。

最終回、城戸の左ロー、シュー・イェンは右ローを蹴り込むが、両者の頭がぶつかり城戸が額をカットする。再開後、左ハイを見せた城戸が前に出る。前蹴り、左ストレートから、左ローを蹴りこむ城戸。シュー・イェンも前に出てヒザを見せる。接近戦は再び頭が当たるなか、シュー・イェンはスイッチしサウスポーに。そこからすぐにオーソに戻すなど、城戸を混乱させようとする。城戸の突破口は前にでること。接近戦でスピニングバックフィストを放つ。左から右を打とうとして、顔面ががら空きだったシュー・イェンを、この一撃が打ち抜き、城戸が最後に試合を締めてKO勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF