この星の格闘技を追いかける

ドスサントスが宣言通りの初防衛、UFC146全試合結果&レポート

2012年5月26日(土・現地時間)、ラスベガスのMGMグランドガーテン・アリーナでは、UFC146「Dos Santos vs Mir」が行われた。

全12試合中、メインカード5試合が全てヘビー級マッチという異例のメガバトル・イベントとなった今大会。そのメインでは、UFC世界ヘビー級タイトルを懸け、王者ジュニオール・ドスサントスが、3月末のドラッグテストにより出場不可能となったアリスター・オーフレイムの代役=フランク・ミアーを相手に、前日計量時の宣言通り、2R右ストレートからのパウンドで沈め、王座初防衛に成功した。

次なる挑戦者は――、前王者にして、この日のセミファイナルでアントニオ・ペイザォン・シウバから何もさせずに1R TKO勝利を挙げたケイン・ヴェラスケスが有力か。また、ヘビー級の人気者ロイ・ネルソンはデイブ・ハーマンをド迫力のオーバーフックで下し、スタイプ・ミオシッチ、ステファン・シュトルーフは、シェーン・デルロサリオ、レイバー・ジョンソンをそれぞれTKO、腕十字で破っている。

その他にも、注目ファイターがズラリ名を連ねたイベントでは、元WECライト級王者ジェイミー・ヴァーナーがエジソン・バルボーサにTKO勝ち。ブラジル最強のライトヘビー級戦士=グローバー・テイシェイラはカイル・キングスベリーから一本勝ちでUFCデビューを飾った他、ジェイソン・ミラーはCB・ダラウェーに敗戦。GSPへの王座挑戦から目下4連敗中と後がないダン・ハーディーは、ドゥウェイン・ラドウィックに再起のTKO勝ち。元WECフェザー級王者マイク・ブラウンはダニエル・ピネダの反撃を振り切る格好で判定勝利を挙げている。

第12試合 UFC世界ヘビー級選手権試合/5分5R
[王者]
○ジュニオール・ドスサントス
(ブラジル)
2R3分04秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
[挑戦者]
フランク・ミアー×
(米国)
第11試合 ヘビー級/5分3R
○ケイン・ヴェラスケス
(米国)
1R3分36秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
アントニオ・ペイザォン・シウバ×
(ブラジル)
第10試合 ヘビー級/5分3R
○ロイ・ネルソン
(米国)
1R0分51秒
KO
詳細はコチラ
(試合動画)
デイブ・ハーマン×
(米国)
第9試合 ヘビー級/5分3R
○スタイプ・ミオシッチ
(米国)
2R3分14秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
シェーン・デルロサリオ×
(米国)
第8試合 ヘビー級/5分3R
○ステファン・シュトルーフ
(オランダ)
1R1分05秒
腕十字
詳細はコチラ
(試合動画)
レイバー・ジョンソン×
(米国)
第7試合 フェザー級/5分3R
○ダレン・エルキンス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
ディエゴ・ブランダォン×
(ブラジル)
第6試合 ライト級/5分3R
○ジェイミー・ヴァーナー
(米国)
1R3分23秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
エジソン・バルボーサ×
(ブラジル)
第5試合 ミドル級/5分3R
○CB・ダラウェー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
ジェイソン・ミラー×
(米国)
第4試合 ウェルター級/5分3R
○ダン・ハーディー
(英国)
1R3分51秒
KO
詳細はコチラ
(試合動画)
ドゥウェイン・ラドウィック×
(米国)
第3試合 ライト級/5分3R
○ポール・サス
(英国)
1R1分54秒
腕ひしぎ三角固め
詳細はコチラ
(試合動画)
ジェイコブ・ヴォルクマン×
(米国)
第2試合 ライトヘビー級/5分3R
○グローバー・テイシェイラ
(ブラジル)
1R1分53秒
肩固め
詳細はコチラ
(試合動画)
カイル・キングスベリー×
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
○マイク・ブラウン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
ダニエル・ピネダ×
(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY