この星の格闘技を追いかける

【UFC146】メイヘム、生き残りマッチでダラウェーに敗れる

2012.05.27

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー(米国)
Def.判定3-0:30-26、29-28、29-28
ジェイソン・ミラー(米国)

 UFC生き残りを賭けて、プレリミナリーファイトでダラウェーと対戦するメイヘム・ミラー。メイヘムは気合が入りまくり、ワセリンとボディチェックを忘れオクタゴンに入ろうとして呼び止められる。人を喰ったような構えから、ヒザを低くしたスタンスで左のパンチを打ち込んだメイヘムが、組みついてきたダラウェーにギロチンを仕掛ける。

 これを逃げられたメイヘムは逆にテイクダウンを仕掛けられる。バックを譲るも、打撃の距離に戻るとメイヘムは右を打ちこむが、自らバランスを崩してしまう。バックを取ったダラウェー、ワキの下から左のアッパーをメイヘムの顔面に突き上げる。亀の態勢のメイヘムは、右のパウンドを受け、そのままバックを取られ続ける。

 残り90秒、ケージに背をつけたメイヘムは、腕を巻き込んで懸命に立ち上がろうとするが、腰をコントロールされ、再びグランドで不利な態勢へ。変則的なアームロックを仕掛けたダラウェーが、マウントを奪うなど、そのままメイヘムを攻め続け初回が終わった。

 2R、再び右を打ち込んだメイヘムはダウンを奪ったが、トップから攻めようとすると、ダラウェーは巧みに組みつき、ケージ際でバックに回り込む。正面を向け、腹を突き出しダラウェーにヒザをつかせたメイヘムは、起き上がってくるところで首を抱えにいく。シングルでテイクダウンを奪ったダラウェー、メイハムのギロチンは効力がなく抑え込まれてしまう。

 懸命にハーフガードを取るメイヘムに、ダラウェーがパウンドを落していく。クローズドガードのメイヘムは両手同時でパンチを放つが焼け石に水、ガードを強いられたまま2Rを終えることに。

 最終回は、打撃を当てる間もなく、テイクダウンを許したメイヘム。ガードに戻すが、なかなか立ち上がることができない。ケージ際に移動しても、ケージとの間に常にダラウェーがポジションを取り、立ち上がることなく亀に態勢になるメイヘム。バックから後方に倒し、サイドに回ったダラウェーは再びバックを取り、立ち上がったメイヘムから再びテイクダウンを奪う。さらにバックから両足をフックしたダラウェーは、背中が伸びたメイハムの顔面にパンチを落す。

 頭を振って大丈夫だとアピールするメイヘム、いたずらにパンチを浴び続け亀の態勢に戻れない。強烈なパンチを落し続けるダラウェーは、マウントに移行する。メイヘムはブリッジからハーフに戻すが、ここでタイムアップとなり、またも厳しい試合展開のなかでUFC2戦目を終えることとなった。果たして、ジャッジは一人が30-26、二人が29-28をつけダラウェーが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF