この星の格闘技を追いかける

【UFC146】ブラウンがピネダの反撃を振り切り判定勝利

2012.05.27

<フェザー級/5分3R>
マイク・ブラウン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ダニエル・ピネダ(米国)

 ピネダをオクタゴン中央に、右へサークリングを続けるブラウンが左を振るいなが前へ出る。距離を取ったピネダが逆にパンチから蹴りを見せて前進するが、バランスを崩して尻餅をついてしまう。すぐに立ち上がったピネダが左フックから右ハイを打ち込むも、ブラウンが組みつきケージに詰めてテイクダウンを奪う。

 ワキ差しバスガードを狙うブラウンだが、パウンドを落そうとしたところで起き上がったピネダがトップを奪い返す。すかさずシングルから立ち上がったブラウン、試合はスタンドに戻る。左フックから距離を詰めようとするピネダ、ブラウンは前蹴りで間合いを保ち、テイクダウン狙いに対し、投げを打って切り返しトップを奪取する。ピネダが立ち上がったところで初回が終了した。

 2R開始早々、右をヒットさせたブラウンだが、続くパンチの交換の直後にテイクダウンを奪われる。ガードからシングルレッグ、スラムで叩きつけるようにトップを奪い返したブラウンはサイドへ。テッポウ返しで態勢をひっくり返したピネダが、組みついてきたブラウンにダースチョークを仕掛ける。首を抜き、ケージにピネダを押しこんだブラウンが、ヒザ蹴りからアッパーで攻める。

 残り2分、距離を取り直した両者。ピネダが肩で息をしている。ブラウンのテイクダウン狙いを切ったピネダが、自ら頭を下げてしまいテイクダウンを奪われる。動きが落ちたピネダに、ブラウンはインサイドからエルボーを落とす。ワキを差して立ち上が上がろうとしたピネダを潰し、エルボー&パウンドを落すと腕十字を防ぎ、拳を落し続け2Rを戦い終えた。

 最終回、左フックからハイキックを見せるピネダだが、距離を詰めたブラウンのニーをボディに受けてダウン。すかさずブラウンはインサイドハーフからパウンドを落していく。懸命にヒップエスケープを使うピネダに対し、ブラウンはタイトに抑え背中をつかせる。ピネダはクローズドガードを取り、防御に徹するようになるも、パウンドを受け続ける。足を一本抜いたブラウンから、バックを取りにいったピネダは、バックマウントを奪取。

 残り90秒、後方からパンチを落しリアネイキドチョークの機会を伺う。四の字フックが抜けないブラウンは、ピネダの右手を引き寄せてチョークを防ぐも、左のパンチを受け続ける。このまま試合はタイムアップを迎え、序盤の貯金がききブラウンが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY