この星の格闘技を追いかける

【Glory】好勝負必至と見られた一戦はペトロシアンがピンカを完封

<GWS70キロトーナメント 1回戦/3分3R>
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)
Def.判定3-0
ファビオ・ピンカ(フランス)

まずはピンカが右ローを見せるが、ペトロシアンが左ストレートを打ち込みロープまで後退させる。左ストレートが冴えるペトロシアンは、ピンカの右ハイをかわして右フックを放つ。ワンツーから、前蹴り、ミドルを捌いて左から右をヒットさせるなど、ペトロシアンが序盤を圧倒した。

テンカオを見せたピンカだが、パンチを打つ際に下を向いて振り回すなど、ペトロシアンの精度の差は明白だ。ジャッジも3者ともペトロシアンのラウンドとした。

2R、ピンカが前に出るところに左のカウンターを打ちこむペトロシアン。左ハイをスウェイでかわして、さらに左、前にピンカが出て来るとところで、右に回り込み右フックを正確にひっかける。

蹴り足を掴んで、足払いを見せるピンカ、パンチの攻防で相変わらず劣勢で、ペトロシアンがブロックの上から左ストレートを打ち込む。ピンカの攻撃を受けないペトロシアンが2Rも取った。

最終回、蹴り足を掴み、右から左のワンツー、ピンカの左ミドル、右ローをブロックして左を打ち込む。ピンカは左目じりがカットし、頭が当たったとアピールする。ピンカはパンチの数を増やすも、蹴り足を掴まれ左ストレートを顔面に打ち抜かれる。恐ろしいまでのペトロシアンの精度、ピンカはクリンチでペースを変えようとする。

残り1分を切って、前に出るピンカは右アッパーから左フックをヒットさせるも、時既に遅し。好勝負必至と思われた一番はペトロシアンの一方的な試合に終わり、3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY