この星の格闘技を追いかける

【UFN16】IFL出身ミラー、ライト級戦線ジワリ浮上

2008.12.11

(C) ZUFFA■第6試ライト級/5分3R
ジム・ミラー(米国)
Def.3R終了/判定
マット・ワイマン(米国)

【写真】代役出場で調整期間も短かったミラーだが、ワイマンから文句なしの判定勝利を挙げた (C) ZUFFA

TUF出場者ワイマンに対し、ニュージャージーの小プロモーションで活躍後、IFLのリングに上がったこともあるミラーは、「この試合で、僕が何者が分かることになる」と話し、2度目のUFC、オクタゴンへ。


サウスポーのミラーが、突進してきたワイマンにいきなり左フックをヒットさせると、ワイマンはバランスを崩す。さらに左をヒットさせるミラーに対し、ワイマンも前進をやめない。ケージにつめてテイクダウンに出たワイマンだったが、待ってましたとばかりにミラーへギロチンをしかける。ワイマンはケージを蹴るが、しっかりと巻きついた腕は外れない。

ここで態勢をトップに持ってきたミラーは、ギロチンに固執せず、技を解いてパウンドに方向転換。オモプラッタを狙ったワイマンだったが、ミラーは意に介せず腕を引き抜き、さらにパウンドを重ねていく。左エルボー、右パウンド、さらにエルボーで、ワイマンは左目じりをカット。ロールして逃げようとしたワイマンに対し、ミラーはバックを取ろうとしたが、勢い余って前方に落ちてしまう。初めて下になったミラーは、ガードからペラダーダ、立ち上がったところでワイマンのパンチがヒットする。

直後にテンカオをヒットさせたミラーは、ワイマンのタックルをがぶると、再び試合はスタンドへ。ワイマンがスーパーマンパンチを放ち、迷彩色のUFCのTシャツを着た米軍兵士から大きな歓声が挙がり、ここで1Rが終了した。

2R、ワイマンがパンチでラッシュをかけると、ミラーはテイクダウンを狙うが二度に渡って立ち上がることを許してしまう。左ミドルをみせたミラー、スタミナを切らしたか肩で息をし始める。ここでワイマンが歩を前に進めてパンチを見舞うが、ミラーは打ち負けることなく左右のフックを打ち続け、首相撲からヒザ、テンカオと攻め続ける。

ケージ際で片足タックルからテイクダウンを奪ったミラーは、ここで一息つくようにトップをキープ。時折りパウンドを落としては、体力の回復を図る。ワイマンはガードからエルボーを見せるが、ミラーは飛びこんで左パウンドをヒットさせると、足関狙いを防御し、さらに強力な左パウンドを落としていく。その後はハーフからエルボーを落とし、このラウンドもミラー攻勢で終える。

最終ラウンド、勝つにはKOしかないとばかりにパンチの連打で攻め込んだワイマン。パンチを初めて連打で受けたミラーは、テイクダウンを奪うが、ワイマンは直後に立ち上がる。それでもヒザ蹴りから、テイクダウンを再び決めたミラー。トップキープには容赦ないブーイングが飛ぶが、左のパウンドで流れを自分の方に戻していく。左パウンドからパスに成功したミラーは、マウントを狙ったものの、ワイマンも最後の最後には粘りを見せ、ポジションを許さない。

立ち上がり、ボディへのヒザを放ったワイマン。ミラーは、そのままテイクダウンを奪う。ワイマンが片足タックルを見せると、ミラーはギロチン狙いから、一転バックをとることに成功。立ち上がったミラーは、ここでも左のパウンドで攻勢をキープし、試合を終えた。

代役出場で、調整期間が短かったミラーは、スタミナを切らしながらも攻め続け、文句なしの判定勝ちを手にした。

『UFN FIGHT FOR THE TROOPS』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie