この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ジョシュ・バーネット完敗、コーミエーがヘビー級GP制す

<ヘビー級GP決勝/5分5R>
ダニエル・コーミエー(米国)
Def.判定3-0:50-45, 50-45, 49-46
ジョシュ・バーネット(米国)

左ジャブを伸ばすジョシュは、続く左ミドルでバランスを崩すが、すぐに立ち上がる。左から前に出たジョシュだが、距離ができるとコーミエーがローから豪快な左右のフックを打ち込み、さらに左ハイをつなげる。

ショートフックから頭の下ったジョシュに、ヒザを突き上げるコーミエー。ジョシュが前に出ると、首をとっていなしてから左を放っていく。前に出てテンカオを見せたジョシュに対し、コーミエーは一度距離を取り、左にフックを合わせていく。ジョシュは前に出て左ローを蹴り込み、組んでヒザを放つ。

コーミエーの右が伸びるが、ジョシュも右フックを返す。右ローを蹴り込んだジョシュにコーミエーは前蹴りを放つも、距離は遠い。組んでヒザを打ち合った両者、前蹴りでコーミエーが距離を取る。 コーミエーのワンツーをスウェイで返したジョシュは、蹴り足を掴んで、足を引抜いて距離を取ろうとしたところに右を打ち込んだ。

2R、右をヒットさせたコーミエーが、左フックから右ローにつなげる。左ミドルを放ったジョシュは、左を伸ばし距離を測る。コーミエーのショートフックを受けても、前に出続けるジョシュは右ローから組みついたものの、右アッパーを受ける。残り3分を切り、コーミエーがシングルレッグでテイクダウンを奪取した。

ガードを取ったジョシュは、細かいパンチを受けながら、ハイガードの機会をうかがう。ジョシュの三角狙いに、エルボーをボディに落としたコーミエーは、足関狙いもしっかりと対処する。コーミエーのパンチで顔面を真っ赤に染めたジョシュは、傷口の辺りにエルボーを受ける。右のパウンドを連打したコーミエーが、このラウンドを確実に自分のモノとした。

3Rジョシュの左ジャブをダッキングでかわし、パンチを返すコーミエー。ジョシュはヒザ蹴りからシングルを仕掛けるが、ダブルにスイッチしたところでテイクダウンを諦める。左を伸ばすコーミエーは、ジョシュの前蹴りに距離を取り辛そうにしていたが、シングルレッグから大きくスラムで叩きつけることに成功した。

サイドを取られたジョシュが起き上がったところでコーミエーががぶり、試合はスタンドに戻る。コーミエーのシングルレッグを切ったジョシュだが、コーミエーのハイキックで動きが止まると、パンチの連打からヒザを受ける。バックに回ったコーミエーは、ケージに頭をつけたジョシュを押し込んだまま、3Rを戦い終えた。

大きな一発がないと、ポイントでの逆転勝ちはなくなったジョシュ。左ジャブから右を伸ばし、ヒザを蹴り込む。中盤、ややペースを落としたように見えたコーミエーにショートフックからヒザを打ち込み、コーミエーのハイキックをよけてケージに押し込む。体を入れ替え、ケージ中央に戻ったコーミエーは、ジョシュのスピニングバックフィストをよける。

シングルを仕掛け、すっと態勢を上げて右フック、直後にシングルレッグを決めたコーミエー。ジョシュはヒザ十字狙いから、ヒールフックへ。足を引抜いたコーミエーがトップへ。ジョシュは関節が極まらなくてもガードを取ることは避けたかった。残り30秒、レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。ジョシュはヒザ蹴りから組みつき、押し込んだところで4Rはタイムアップに。

最終回、ジョシュが右ハイを放つが、スピード&キレともに欠けている。キャンバスが濡れていると、レフェリーが一旦試合を中断し、タオルで拭いてファイトが再開。パンチから組みついたジョシュに、コーミエーは距離取りケージ中央に戻る。距離をとって戦うコーミエーが、ワンツーを打ち込み、一旦下がるとテイクダウンへ。

立ち上がったジョシュを豪快に投げようとするが、ケージに体を預けたジョシュが踏みとどまる。残り1分のほとんどをそのままケージ際で過ごしたコーミエーは、残り10秒を切って距離を取ると、そのままステップバックを続けて勝利を決定づけた。

結果、3人のジャッジ中二人がフルマーク、一人が1Rのみ落としたという圧勝で、コーミエーがストライクフォース・ヘビー級GPを制した。なお、試合後にジョシュは1Rに左の拳を負傷し、使えなくなっていたことを明かした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie