この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】名勝負三度、メレンデスがトムソンにギリギリの勝利

<ストライクフォース世界ライト級選手権試合/5分5R>
ギルバート・メレンデス(米国)
Def.判定2-1:48-47、48-47、47-48
ジョシュ・トムソン(米国)

プレッシャーを掛けるメレンデスに、トムソンは組みつくように見せてパンチ、離れて前蹴りを見せる。続いて組みついたトムソンは、メレンデスが姿勢を崩しても深追いせず、スタンドで待つ。さらに首相撲からヒザを見せたトムソンは、スイッチを織り交ぜて戦う。

メレンデスは1分30秒過ぎに、最初の試みでテイクダウンを奪うも、ここもトムソンが立ってスタンドへ戻る。メレンデスは続く接近戦で首相撲からヒザをボディに見せ、再び距離を取る。5Rマッチを考慮してか、両者慎重な攻めを続ける。距離を詰めるメレンデスは、左ジャブを伸ばしプレッシャーを掛ける。残り30秒、トムソンがワンツーから左ミドルを決めると、続くキックはメレンデスが蹴り足をキャッチして転がせる。ここで1Rが終了した。

2R、左ジャブから前に出て、フックを見せたメレンデス。1Rよりペースを上げて、ダブルレッグを見せる。前蹴りで距離を取ろうとするトトムソンに、メレンデスは右アッパーをちらつかせ、右ボディフックを入れる。ケージに押し込んでも無理をせず、打撃の間合いに戻る王者に対し、トムソンはスイッチを入れ、オーソに戻ると右ハイを放つが距離は遠い。

トムソンの左ボディストレートに負けず、前に出るメレンデスは左ジャブを入れる。すると、続く攻防のなかでトムソンが左目に指が入ったと距離をとる。すぐに再開すると、メレンデスは左ジャブから右ストレート、トムソンも右を返すが、近距離でのパンチの回転数はメレンデスが上回る。残り1分でダブルレッグを決めたメレンデス。トムソンはケージを背にして立ち上がると、そこに細かいパンチを集中させる。

残り10秒でトムソンが逆にテイクダウンを仕掛けたが、ケージを背にして耐えたメレンデスはエルボーを落とし、これを耐えきった。ペースはメレンデスだが、トムソンも必ず打ち返すという展開のなか、試合は3Rへ。左ハイを繰り出したトムソン。メレンデスは空振りになるが、アッパーを連続で見せ前に出ると、ダブルレッグへ。トムソンは、これを防ぎ、前蹴りからパンチを連続で打ち込む。

メレンデスもアッパーを繰り出すが、トムソンは右ストレートを返していく。足払いを決めたトムソンにメレンデスは後方に一回転しそのまま立ち上がる。サウスポーから右ジャブ、オーソに戻し左ジャブを放つトムソン。メレンデスも華麗なウィービングから、アッパーをヒットさせる。トムソンも右を返すが、ここでも目を気にする仕種を見せた。

メレンデスのアッパーに右フックを合わせる挑戦者は、ダブルレッグを見せるも、王者がスプロール。緊張感溢れるスタンド戦が続き、3Rが終了した。

左目の上が腫れあがっているメレンデス。彼が顔に傷をつけるのはいつ以来だろうか?

4R、左ジャブ3つから右を繰り出したメレンデスだが、その後の攻防で右を受ける。アッパーを返したメレンデスは、右を受けるもダブルレッグでテイクダウンに成功する。

立ち上がり際の右エルボーは空振りになったチャンピオンがワンツーを打ち込むとトムソンがハイキックを返していく。再び組みついて、トムソンをケージに押し込んだメレンデス。トムソンがワキを差し返したので、距離を取り直す。サウスポー、オーソと構えを変えてジャブを出すチャレンジャーは、足払いで再びテイクダウンを奪うと、今度はしっかりと寝技に持ち込む。距離を取ろうとしたメレンデスから、バックを取ったトムソンは4の字フックでリアネイキドチョークへ。残り1分近く残っていたが、メレンデスも懸命にディフェンスし、残り30秒を切る。

バックに回ったままのトムソン、メレンデスは前転して逃れようとトライしたが、ラウンド終了までトムソンはバックに張り付き通した。

最終回、右フックの振りが大きくなっているメレンデス。細かいパンチから挑戦者が右を伸ばす。メレンデスはダブルレッグでテイクダウンを奪い、立ち上がるところでパンチを集中させる。距離を取り直したトムソンは、再びスイッチで距離を狂わせようと試みる。左を伸ばしたメレンデスに対し、左ハイを見せたトムソン。トムソンはさらに右フックを2度打ち込む。左を伸ばす王者に、挑戦者が右から左ハイへ。メレンデスはいつの間にアッパーが見られなくなっている。トムソンはショートの連打から、右ストレートを伸ばすなど、打撃戦でリードする。残り2分、目を突かれたと距離をとったトムソン。再開後、メレンデスの左が伸びる。

トムソンはテイクダウン狙いから、腰が上がったメレンデスにヒザを連続で見せる。メレンデスのパンチは、さらに荒くなる。残り1分でメレンデスのテイクダウン狙いを切ったトムソンが、パンチを連続で打ちこみ、残り30秒で足払いから再びクリーンテイクダウンに成功する。最後までインサイドガードで過ごした挑戦者は、試合終了のホーンと共にホームクラウドに両手を広げ、拳を突き上げた。

終盤の2Rはトムソンが取ったと思われる世界戦、ジャッジの裁定はまずスプリットと宣言される。最初のスコアは48-47でトムソン、続くジャッジは48-47でメレンデス、最後の一人は48-47でメレンデスに。「トムソンはいつもタフな相手だ。僕のベストパフォーマンスじゃない。彼はアメージングだった。5Rはテイクダウンを奪われたけど、コントロールしていたのは僕」という王者に大きなブーイングが送られた。

対してトムソンは「ブーイングをギルバートに送らないでくれ。ギルバートは素晴らしいファイターなんだ。みんな、4度目の試合が見たかい?」と、最高の試合を微妙な裁定で落としたにもかかわらず、完全な優等生発言。結果、次への期待をつなぐ最高のマイクとなった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY