この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL】ロペスのテイクダウン狙いも、ジャッジの支持はサダローへ

2012.05.16

<ウェルター級/5分3R>
アミール・サダロー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、28-29
ホルヘ・ロペス(米国)

サダローの右ハイに、ロペスが右を合わせると、さらにサダローが右ローを見せて試合はスタートした。

サダローのストレート系のパンチに対し、距離を詰まったところでロペスはフックを連打で打ち込む。距離が離れると、右ジャブからローを放つロペスに、サダローが組みついていく。

両脇を差して、ケージにサダローを押し込み、ヒザを突き上げるロペスは、距離を取ると左ジャブをすぐに放つ。右回りのロペスを左ミドルで止めたいサダローだが、その蹴り足をキャッチされ組みつかれる。シングルレッグでケージに押し込んだロペスは、肩にサダローを乗せて大きく持ち上げてから、前方にスラム。テイクダウンを奪うと、ハーフからアームロックを仕掛ける。

立ち上がりながら、腕関節を逃れたサダローは、逆にロペスをケージに押し込み、テイクダウンを狙う。ロペスはワキを一本差し返すも、頭を押しこまれ厳しい状態に。そのままケージ際の攻防が続き、初回が終了した。

2Rに入ってもロペスはすぐに組みつき、シングルレッグでサダローをケージに押し込む。両脇を差したロペスは、ヒザをボディに蹴り上げ、距離を取る。サダローの右がヒットし、ロペスは完全に組み技狙いへ。

頭を潰したサダローに対し、ロペスは頭を外側に出してテイクダウンを狙う。当然、ギロチンの態勢に入るサダローだが、これを読んだかのように、寝技に入るとすぐに首を引抜き、ロペスがバックに回り込む。サダローも胸を合わせ、逆にダブルレッグを狙う。

距離ができると、左ミドルを蹴り込んだサダロー。ロペスは左を返すが、打撃戦には応じない。テイクダウン狙いのロペスに、ボディを打ち込み、左ロー、左ミドルを見せたサダローだったが、ロペスがカウンターでテイクダウンを合わせる。

再びトップを奪取したロペスは、サダローが立ち上がろうとしたところでケージに押し込み、ここで2Rがタイムアップに。

最終回、距離を詰めてヒザを繰り出したサダローに対し、ロペスはすぐに組みつき、ここでもシングルレッグへ。またも頭を左側に出してテイクダウンを仕掛けるロペス。サダローはスイッチから一旦、ガードを取り、正面から組みついていく。ロペスのアームロック狙いを切り、打撃戦の距離を取ったサダローが右ミドルを放つ。

すると、サダローはここで自ら組みつき、エルボーを見せる。離れ際にシングルで追いかけたロペスは、ギロチンを恐れずテイクダウンを狙い続ける。頭を押し込まれテイクダウンを許してしまったサダロー。残り3分で、完全に背中をマットにつける。

ガードからエルボーを繰り出すサダローだが、立ち上がるためのスペースは作れない。ロペスも、頭をつけているため、効果的なパウンドは落とせず、残り1分を切ったところで、レフェリーがブレイクを掛ける。

疲れたロペスに、左ハイを繰り出し、フライングニーで攻める姿勢を見せたサダロー。ロペスのシングルレッグを、スイッチで切り返しバックへ。胸をつけて押し込んでくるロペスを切り、前方に振り落としたサダローだが、最後まで打撃戦に持ち込むとなく試合終了を迎えた。

しかし、ジャッジはロペスのテイクダウン狙いを打撃戦から逃げたと判断したのか、スプリットデシジョンでサダローの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF