この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL】バックキックにスタンプ、膝、肘―― ジャボウィンが打撃で快勝

2012.05.16

<バンタム級/5分3R>
イーブス・ジャボウィン(カナダ)
Def.判定3-0:30-27、30-26、30-27
ジェフ・ホウグランド(米国)

左ジャブを伸ばすホウグランドに、ジャボウィンは勢いのある左フックを返していく。右ストレートから、スピニングバックキックを蹴り込んだジャボウィンは、重いローを続いて見せる。ホウグランドの右ハイを苦も無くブロックし、逆に左ハイを見せたジャボウィンは、蹴りでホウグランドに接近戦を許さない。

ホウグランドも右ローを放つが、スピードで優るジャボウィンはサイドキックでホウグランドを突き放す。さらにスピニングバックキックをボディに叩き込むと、ホウグランドが苦悶の表情を浮かべてダウン。パウンドに続き、ボディをスタンピングで踏みつけたジャボウィンは、パウンドを落としながら初回終了を迎え、ホウグランドは何とかタイムアップに救われる形となった。

2Rに入り、勢いをつけてテイクダウンを狙ったホウグランドだが、足を引抜いたジャボウィンがスタンドをキープし、右ハイを繰り出す。右ボディ、右前蹴りとボディを狙うジャボウィンに対し、ホウグランドはまたも距離が詰められなくなる。

勢いをつけて右ミドルを繰り出したジャボウィン。ホウグランドはスピニングバックフィストを見せるが空を切る。残り2分で組みついたホウグランドだが、ここでもテイクダウンはできない。右ミドルをコンスタントに蹴り込むジャボウィンは、遠い距離からパンチも狙うが、これは届かず。すぐに右ミドルを放ったジャボウィン。ホウグランドも左ミドルを見せるが、逆襲の左ハイを受けるはめに。2R終了間際にも右ハイを見せたジャボウィン、やや狙いすぎか攻撃が大きくなってしまった。

最終回、開始早々左フックをヒットさせ、ダウンを奪ったジャボウィン。ホウグランドは懸命に足を利かせるが、パウンドとエルボーを受け続け、ついに背中を見せてしまう。

足をフックせず、絞めを狙い切り返されて下になったジャボウィン。慌てず、ヒザを打ち込んでトップを奪い返す。ハーフながら、背中をマットにつけたホウグランドは、マウントを奪取されそうになるも、エビから懸命に足を戻す。

腕十字狙いも担がれ、鉄槌を落とされたホウグランド。ガードで固めるも、ジャボウィンはエルボーを勢いよく放っていく。残り40秒、レフェリーがブレイクを命じると、ジャボウィンはニーで再びダウンを奪い、立ち上がり際の際どいタイミングでハイを顔面に放っていく。サバイブが目標となったホウグランドを極め切ることはできなかったジャボウィンだが、問題なくフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY