この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL】タヴァレス、ヤンドンイに判定勝ちもファンはブーイング

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ヤン・ドンイ(韓国)

いきないり左ローを見せたタヴァレスは、サウスポーのヤン・ドンイに右ミドルをヒットさせる。左ロー&右ミドルを続けるタヴァレスは、真正面の位置で蹴りを放つ。その蹴り足を受け、左のカウンターを放つヤン・ドンイ。タヴァレスは打ち負けるわけがないとばかりに、左ジャブから右ボディを繰り出す。

ヤン・ドンイもまた、カウンターを恐れず真正面から左アウトサイドローを蹴り込み、距離が近づくと左フックをねじ込む。派手なジャンピングハイを見せたタヴァレスだが、手を伸ばしたことで、指が入ったのかヤン・ドンイが右目を気にし始める。再開後、左ハイを放ったヤン・ドンイに対し、今度はタヴァレスが目を突かれたとアピールし、試合は再び中断する。

近距離での打ち合いを厭わない両者、ヤン・ドンイが左をヒットさせ組みつく。態勢を入れ替えたタヴァレスは、細かいヒザを続けるも、ヤン・ドンイが再びケージに押し込み、顔面にヒザを突き上げたところで、初回が終了した。

正面に立つ打撃戦は、2Rも続いたが、初回と比べると前後の移動が増える。二段蹴りで距離を詰めたヤン・ドンイは、タヴァレスの右に負けず、左フックを振るってバランスを崩させる。持ち直したタヴァレスも、思い切り右を見せるが、ヤン・ドンイが打ち終わりに左ストレートを放つ。

圧力で上回るようになったヤン・ドンイは、左ハイキックも軽やかに繰り出し、常にタヴァレスはケージを背に戦うように。組みついたヤン・ドンイは頭でタヴァレスを押し込み、小外刈りでテイクダウンへ。すぐに立ち上がったタヴァレスは、ケージにヤン・ドンイを押し込むが、ヤン・ドンイが小手投げを見せる。距離が離れた両者、タヴァレスの右ハイが空を切ったところで2Rがタイムアップを迎えた。

最終回、ラッシュをかけたタヴァレスが、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。スイッチからバックへ回ろうとしたヤン・ドンイだが、ケージを背にしたところで再び尻もちをつく。

ヤン・ドンイの立ち上がる力を利して、大きく抱え上げてスラムに成功したタヴァレス。体を抱えたヤン・ドンイに対し、レフェリーがブレイクを命じる。続く打撃戦でも、前に出るのはタヴァレスで、ヤン・ドンイの手がなかなか出なくなる。すると、右ローを急所に受けたヤン・ドンイは両膝をつき、座り込んでダメージの回復に努める。

再開後、タヴァレスの右ハイはヤン・ドンイの顔面をかすめる。ようやく左ローを返したヤン・ドンイだが、左フックを顔面に受ける。シングルレッグ狙いに、右アッパーを合わせたヤン・ドンイ。残り1分を切り、タヴァレスが右ミドルを2発ヒットさせる。

ヤン・ドンイが、組みついたところで3Rが終了し、両者が両手を掲げ勝利をアピール。結果ジャッジ3者が29-28でタヴァレスを支持したが、ファンは勝者にブーイングを送った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY