この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL】攻め続けたTJ・グラント、プラターに完勝

2012.05.16

<ライト級/5分3R>
TJ・グラント(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
カルロ・プラター(ブラジル)

グラントのローでスタートを切った一戦。プラターも右ローを返すが、グラントは直後に同じ技を再び見せる。互いに左ジャブを伸ばし、距離が詰まると首相撲の展開に。ここは距離ができると、グラントが抜群のタイミングでダブルレッグを仕掛ける。

両脇を譲りながら、ケージを背にして耐え切ったプラターは、態勢を入れ替え逆にシングルレッグでテイクダウンを狙う。距離を取り直した両者、グラントはローからプレッシャーを掛ける。プラターのテイクダウン狙いをギロチンで返したグラントに、首を引抜いたプラターは前転しながらヒザ十字を狙う。

足を抜き、トップをキープしたグラント。プラターがハーフガードからギロチンを仕掛け、グラントがパスをした直後に1Rが終了した。

2R、右ストレートを伸ばしたグラントは、プラターの蹴りをキャッチし、シングルレッグへ。ケージを背にするプラターのボディにヒザを打ち上げ、エルボーを繰り出す。

引き続き打撃の展開でプレッシャーを与えるグラントは、組みついてエルボー、ヒザを見せる。プラターも左ジャブを出すが、やや足が揃い気味で、攻撃を受けるとバランスを崩してしまう。組んではケージでヒザをボディに突き上げるグラントは、ニータップで一度は尻もちをつかせるも、プラターもすぐに立ち上がる。

堅実に効果点を積み重ねるグラントは、プラターのシングルレッグにギロチンを合わせる。首を引抜き、重心が上がったプラターから簡単にテイクダウンを奪うと、パスに成功して横三角の足の組みからパウンドへ。

ヒザをついて正対したプラターが、最後はトップを奪い返したが、このラウンドもグラントが制した。

最終回、フライングニーからワンツーを打ち込んだグラント、プラターは左から右を返し、距離を詰めるが自分の態勢で組みつくことすらできない。

右ストレートから組みついてテイクダウンを奪ったグラント。プラターは得意のギロチンで切り返す。グラントはヒザを押して、パスガードへ。サイドを奪われ、ギロチンからも逃げられたプラターは、起き上がり際にバックを許す。

シングルフックから股裂きを見せたグラントは、そのままサイド、さらにマウントへ。肩パンチ、ブリッジに合わせてバックに移行したグラントは、シングルレッグで態勢を変えられても、下にはならないポジションを取る。立ち上がったプラターを、豪快に後方に投げ、バックをキープするグラントは、残り10秒で腕十字へ移行し、攻め続けたままタイムアップ。結果ジャッジ3人とも30-27をつけたグラントが完全判定勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY