この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX03】ハザウェイが的確なヒザ蹴りでクラウス撃破

2012.05.06

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・ハザウェイ(英国)
Def.判定3-0:29-28、30-27、30-27
パスカル・クラウス(ドイツ)

 ニュージャージーで実現した英国人ハザウェイとドイツ人クラスの対戦。飛び込んで右を伸ばすハザウェイ、クラウスの反応を見て組みつこうとするが、自ら距離を取り直す。右に回りながら、右ストレート、左を見せたハザウェイ、続く左がクラウスの顔面に届いたが、エルボーは空振りに。

 右ローを思い切り蹴り込んだクラウスは、1R残り3分を切ったところでハザウェイのテイクダウン狙いに、腹を突き出してディフェンスしたところに左ヒザを受けて後方にダウン。クローズドガードから、ハザウェイの頭を引き寄せてダメージの回復を図ったクラウスに対し、ハザウェイはグラウンドに固執せず立ち上がる。

 ジャンピングニーからエルボーを見せたハザウェイは、逆にクラウスの右を受ける。再びテイクダウンを切ったクラウスは、ヒザも察知し、逆にボディロックからハザウェイを倒すことに成功する。足を一本引抜いて、ボディにエルボーを落すクラウス。ヒザを立てるハザウェイがリバーサルを仕掛けたところで、1Rが終了した。

 2R、右のパンチから組みついてクラウスをテイクダウンしたハザウェイが、勢いのあるパウンドを落す。足を効かせるクラウスの逆を付き、パスを狙い続けるハザウェイが、左のパウンドで削っていく。

 右ワキを差して、パスとパウンドのコンビネーションを見せるハザウェイは、続いて左エルボー、右パウンドを落す。クラウスのバタフライガードを潰して、立ち上がって右のパウンドを落すハザウェイだが、抑え込みがルーズになりクラウスがスタンドに戻る。

 両者とも動きが落ちた中、ハザウェイの右フックから左ミドルが決まる。スイッチを織り交ぜて戦うハザウェイの右ストレートがヒット、さらに前蹴りから右ジャブを打ち込む。残り40秒でダブルレッグをケージ際でクラウスが仕掛けるが、ハザウェイはケージを背にしてテイクダウンを許さない。このまま距離を取り合い、試合は最終ラウンドへ。

 両者の右が交錯し、続く展開ではハザウェイの右だけがヒットする。組みから離れ際にパンチを見せるなど、そつのない攻撃を仕掛けたハザウェイが、残り4分を切るとダブルレッグでテイクダウンを奪う。ヒザを畳むクラウスは、足が効かなくなっているが、ハザウェイも省エネファイトで細かいパウンドを落すにとどまる。

上体を起こしシングルに出たクラウスだが、肩を頭で押され背中をつける。スタンドに戻った両者、ハザウェイはポイント勝利を確信しているのか、距離をコントロールし手数を減らさないように戦う。再び、ダブルレッグからヒザへの連係を見せたハザウェイ。距離を取って戦い、クラウスが前に出て来るところでスピニングバックフィスト、さらにストレートを伸ばし、クラウスがバランスを崩したところでジャンピングニー。組んできたクラウスに、ヒザを再び突き上げると、アッパー、右ストレートを打ち込み、倒す姿勢を見せるようなファイトでタイムアップの時を迎えた。

 ジャッジは一人が29-28をつけたが、残りの2人が30-27でハザウェイを支持し、UFC6勝目(※1敗)を挙げた。

PR
PR

関連記事

Movie