この星の格闘技を追いかける

【出稽古紀行US】06:北岡悟@ヘンゾ・グレイシー柔術(01)

Kitaoka水垣偉弥、日沖発、漆谷康宏、久米鷹介、伊藤健一、チーム・カルバーシティ(※仮称)は22日(日・現地時間)にUFCが開かれた南部ジョージア州アトランタから、東部ニュージャージー州へ移動、じっくりと体を休めた。そのニュージャージーでは、BellatorFCでエディ・アルバレスと戦った青木真也のセコンドとして米国を訪れていた北岡悟が合流し、翌日から東部のMMA&BJJジム巡りは6名で行うことに。

【写真】ジョン・ダナハーのグラップリング・クラスは、まずはテイクダウンの技術練習と打ち込みから始まった(C) MMAPLANET

北岡が加わったことで、日本勢はJMT(JULIA Mount Team)を名乗ることが決定。JULIAを巡り、北岡、久米、伊藤がスクラムを組み、漆谷&水垣が興味を持ち始め、日沖は我関せずといった風だ。そんなJMTの東部ジム巡りは23日(月・同)、マンハッタンのヘンゾ・グレイシー柔術アカデミーを訪ね、グラップリング・クラスに参加することから始まった。

MSGにほど近いヘンゾのアカデミー、ヘンゾ自身は不在だったが、GSPが崇拝する組み技コーチ=ジョン・ダナハーが指導する月曜・午後1時半からノーギ・クラスには、前UFC世界ライト級王者フランク・エドガーを筆頭に4名のUFCファイター、D-1レスリング米国王者、日本人初のヘンゾの黒帯=山路大輔、ロンドン五輪出場が決定している柔道家、そしてグレイシー一門など、錚々たる面子が揃う。

一般練習生加えると、55名もの参加者が見られたグラップリング・クラス。スタートはダハナーの技術指導からだった。シングルレッグダイブからのコンビネーションで、差し上げテイクダウン、谷落し、小外、大腰と柔術だけでなくレスリング、柔道の技を交えた立ちレスリング。グラウンドはパスからダース、さらに腕十字へと展開するコンビネーションは、MMAでも見られる攻防だった。出稽古紀行第6弾、質・両とも圧倒的だった組み技クラスを終えた北岡悟に話を訊いた。


――ヘンゾ・グレイシーのアカデミーで行われたグラップリング・クラスに出て、どのような印象を持ちましたか。

「良い練習ができました。ヘンゾのところのグラップリングもそうですが、夜に少し見学したヒカルド・アルメイダのところの柔術クラスも、レスリングを大事にしているように感じました。レスラーがこの世界にしっかりと混ざっていましたね。レスリングは柔術、グラップリング、MMAでどう考えても必要な部分で、本当の意味で混ざってきている。ミックスなんだという気がしました」

――確かにノーギ・グラップリングは、ノーギ柔術ではなくなってきていると実感できました。

「レスリングと柔術、そして柔道が混ざっていて、MMAファイターも好きにやっていいっていう雰囲気がありました。ノーギの大会にMMAファイターが出場して、バチバチやり合っている。そういう環境があるようで……それが米国では普通になっているんでしょうね。本当の意味での交流の場になり、技術がミックスする場になる。

日本もそうなることが可能だったんですけど、できなかった。MMAファイターがノーギのトーナメントに出た時に感じた空気と、そこが違うように思います」

――技術練習は、今まさに勝つために必要な技術をしっかりと基礎と組み合わさっている、そんな風にも見えました。

「柔道五輪出場者、出場する人、レスリングのD-1王者、UFCの元チャンピオン、これからUFCに出るファイター、そこに普通の人が一緒にいる。老齢の方、女性、凄いです。本当に凄いと思います。負けています」

――スパーは5分×5R、北岡選手はD-1レスラー、グレゴー・グレイシー、山路大輔選手らと手合せをしました。

Spar with D-1 Wrestler【写真】気持ちが温まる前に、D-1レスラーの強烈なドライブが襲ってきた(C)MMAPLANET

「テンションが合せられなくて、乗りきれない練習になってしまいました。打ち込みの相手が最初のスパーの相手になるという形だったのですが、それが一般の方で。打ち込みの時とか、凄くやさしく対応してくれたりした人を相手に、プロの自分がガンガン攻めることはできない。すると次の相手がD-1レスラーで、思い切りやってきた……。その温度差が凄くて、疲れた時に、グレゴー行けって感じで言われて……、『えっ』ってなって。その次が山路さんで、練習できるように助けてくれた人で……。

なんか、気を遣い過ぎじゃってダメだなぁって(苦笑)。これは問題だと思いました」

――出稽古なんで、その辺りのさじ加減は必要になってきますしね。『日本から来たのか、オゥ』って無料で練習に参加させてくれる人に、無礼なことはできない。

「ちょっと、考える部分ではありますね。ありがとうございました――って感謝している世界ですし。一般の人とやり、その後、プロと手を合わせるということで、塩梅の仕方が分からなくて」

――近くの人と適当に組んで……というのがスタートで、北岡選手は一般の人と。伊藤選手と漆谷選手なんて、折角の機会なのに日本人同士で組むことになっていました(笑)。ただ、北岡選手はUFCファイターとガッツリやるという感じでも、なかったですね。

「う~ん、腕試しをするために青木の試合後にこっちに残ったんじゃないんで。変化、風を入れたくて練習するのが目的なんです。僕にとって大切なのは菊野戦で。渡米前に一旦、やり込んでいて、そこに風を入れるための練習だから、絶対にケガもしくたないですしね」

この頁、続く

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY