この星の格闘技を追いかける

【UFC145】ボセックが判定をモノに

2012.04.22

<ライト級/5分3R>
マーク・ボセック(カナダ)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
ジョン・アレッシオ(カナダ)

大きな振りの左右のフックで前に出るアレッシオはやや力が入っているか。組みついてドライブしたボセックは、後方からヒザを入れてテイクダウン。首を殺してインサイドハーフからパンチを落としていく。

右ワキを差しにいったアレッシオは、結局クローズドガードへ戻す。腰を浮かしたボセックが、勢いのあるパウンドを落とす。ボセックはさらにバックに回ると、仰向けになってアレッシオの背中を伸ばしたところで、初回終了を迎えた。


2R、左ジャブを伸ばすアレッシオは、続いて前蹴りを見せる。右ハイ、左ローを繰り出したボセックに対し、右ストレート、左ジャブとアレッシオのパンチが当たり始める。ここでパンチのフェイントから、ボセックがダブルレッグでテイクダウンを奪う。ワキ差しパスで、サイドを奪ったボセック。アレッシオもすぐに足を一本戻すが、レフェリーがここでブレイクを命じる。

左フックを打ち込んだアレッシオだったが、直後に組みつかれケージに押し込まれる。このまま2Rが終了した。最終回、左ジャブを伸ばし右ストレートにつなげたいアレッシオ。左ジャブから右ローを蹴り込み、ボセックのパンチは受けない。しかし、前蹴りを出したところでテイクダウンを奪われたアレッシオは、そのままバックマウントを許し、後方からパンチを受ける。

胸を合わせた直後、すぐに立ち上がったアレッシオだが、残り90秒で再び、テイクダウンを許しバックを取られる。ここは前方に振り落したアレッシオ。その後もケージレスリングの攻防が続きタイムアップとなった。結果、ボセックが3-0で勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY