この星の格闘技を追いかける

【UFC145】ほろ苦・トンプソン、削られ失速

2012.04.22

<ウェルター級/5分3R>
マット・ブラウン(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-27
スティーブン・トンプソン(米国)

いきなりサイドキックを見せたトンプソン。ケージ際まで下がったが、ブラウンのシングルレッグは簡単にかわしていく。徹底して組みにいくブラウンに対して、ケージを背にしたトンプソンは、シングルから足を払われクローズドガードを取る展開に。

パウンドを受け、足を払われるトンプソンは、なかなか立ち上がることができない。蹴り上げをみせ、立ち上がったトンプソンに対し、ブラウンはすぐに組みついていく。腰をコントロールし、バックに回ったブラウンが、自ら尻餅をついて寝技へ移行する。

鉄槌を落としながら、トンプソンがバックに回り込もうとするが、ブラウンは足をロックして耐える。その足を引き抜いたトンプソンは、再びトップを奪われパンチをボディに落されながら、1R終了を迎えた。


2R、左右のフックから後ろ廻し蹴りを見せたトンプソソン。ブラウンは右ハイを放ち、ダブルレッグへ。ここもテイクダウンを許したトンプソンだが、すぐに立ち上がって首相撲からヒザを入れる。

ブラウンの真正面からのダブルレッグに尻餅をついてしまうトンプソン。フックを連続で放ち、右ストレートを打ち込んだトンプソンはシングルレッグもすぐに足を引き抜いて、パンチから後ろ廻し蹴りへ。

ややスピード感はない蹴りだが、場内は大爆発。ここでガードの低さをつかれ、ブラウンの右フックを受ける。トンプソンは打ち疲れからか失速。押し合いのなかで、右エルボーを受けると後方に倒れてしまう。

パウンドを落し、パスを狙うブラウンがエルボーを連打した。足を畳んで、強烈なパウンドを落としたブラウンがついにパス。残り10秒、パンチを落とし続け、このラウンド序盤の劣勢を挽回した。

最終回、サイドキックの構えから左ストレートを出したトンプソンだが、ブラウンがパンチでラッシュ。ケージに押し込んでハイを放つもこれは空振りに。ガードの低いトンプソンは、右アッパーを受け、一瞬、動きが止る。パンチの5連打で攻め込んだトンプソン。しかし、ブラウンにテイクダウンを許し、立ち上がって首相撲からヒザ、エルボーを受けてダウン。

すぐにパスを許したトンプソンは、両足で頭を固定され、パンチを集中される。このまま試合終了を迎え、ブラウンが3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY