この星の格闘技を追いかける

【UFC145】観客のブーイングの中、プリメージが判定勝利

2012.04.22

<フェザー級/5分3R>
マーカス・プリメージ(米国)
Def.判定2-1:29-28、29-28、27-30
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)

ワンツーを見せたプリメージにブランコは距離を伺いながら戦う。プリメージの左がブランコの顔面にヒットする。慎重なブランコは、プリメージが前に出てくるところで右フックを放つ。プリメージの前進に対し、まっすぐ下がったブランコがパンチを受ける。テイクダウン狙いも切られるブランコ。プリメージの左ストレートに右フックを合わせるが、パンチはまだ単発だ。

サウスポー同士、なかなか距離が合わないなか一瞬、足を止めて打ち合うも、両者揃って距離を取る。ローからワンツーと前に出るプリメージが手数で1Rを取ったか。1R同様、プリメージの動き出しを待っていたブランコは自ら前蹴りを放っていくが、プリメージがブロックして放った左フックを受けてしまう。


相変わらず真っ直ぐ下がるブランコはプリメージのパンチを食らって、バランスを崩す。ブランコの左に左フックを合わせるプリメージは時折、ローを放っていくが、手数は決して多くない。そのプリメージ以上に手が出ないブランコのヒザ蹴りがヒットしたが、これも単発で、パンチが交錯しても、優位に見えるのはプリメージだ。そのプリメージがバランスを崩したが、距離を詰めることがないブランコ。2R終了時は大きなブーイングに包まれてしまった。

最終回、前に出たブランコがショートのフックを放つと、今度はプリメージが距離を取る。走り込んで放つ前蹴りが不発に終わったブランコに対し、プリメージは大きくケージ際をサークリング。距離が詰まってブランコが蹴りでバランスを崩すも、プリメージはスタンドで待つことを選択し、組み技の展開とはならない。

直後にブランコがテイクダウンを狙うが。プリメージが切ってパンチを見せる。跳び前蹴りが空振りになったブランコが残り2分を切ったところで、プリメージのローを受ける。前に出ない両者。ブランコのアッパーは遠く、逆にブリメージが距離を詰めてパンチを放つ。

印象点でプリメージが優位とみられる試合は、残り30秒を切り、ブランコのテイクダウン狙いを切ったプリメージがフックをまとめる。試合終了間際にブランコのハイキックに対し、パンチの連続で見せたプリメージだが、これも不発に。両者が試合終了後に、バック転を連発し元気さをアピールするも、観客は両者にブーイングを送った。

結果、判定は29-28が二人プリメージ、30-27が一人ブランコでプリメージに凱歌があがった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY