この星の格闘技を追いかける

【UFC Fuel02】攻め手を欠いたヤングが判定で勝利

2012.04.15

<フェザー/5分3R>
ジェイソン・ヤング(英国)
Def.判定3-0:30-28、29-28、29-28
エリック・ワイズリー(米国)

サウスポーのワイズリーが、小刻みに手を上下しながら、左ミドルを見せる。右ハイを返すヤングにワイズリーも負けじと左ハイを放つ。ヤングの左ストレートに、組みついたワイズリーだが、動きが堅い。左を打ち込んだヤングは頭の下がるワイズリーに左からフォローを狙う。

スピニングバックキックを放ったワイズリーからバックを奪ったヤングは、大きく抱え上げるもテイクダウンは奪えず、そのままヒザを腿の裏に入れてく。ブレイク後、再び左を中心にプレッシャーをヤングに与えると、ワイズリーは動きの大きなハイを放つのが精いっぱいか。

ワイズリーの左ミドルをキャッチしようとしたヤングは、続くカカト落としをキャッチしつつ、2度目のテイクダウンを奪う。右ヒザを連続でヤングが落とし立ち上がったところで初回が終了した。


2R、蹴りを掴みにいくヤングは、離れては左を中心に攻め、すぐにワイズリーの右足をキャッチして、テイクダウンに成功する。ボディにパンチを落とすが、なかなか効果的に攻め込めないヤングは、ワイズリーのガードが上がってくると、立ち上がってローを蹴っていく。勢いをつけて、右を落としたヤングだが、これは距離が合わずに、再びガードの中に入って攻めあぐねる。

ヤングは立ち上がり、ここでも右を落としながら突っ込むが、パンチはクリーンヒットしない。ここでスタンドにヤングが戻ると、ワイズリーもレフェリーの指示でスタンドへ戻る。ヤングの右ローが足払いのようになり、バランスを崩したワイズリーは簡単に背中をつけてフックガードへ。ワイズリーの三角を察知したヤングが立ち上がったところで、2Rが終わる。

倒すが攻め手のないヤングに、ガードワークから仕掛けのないワイズリー。最終ラウンドはワイズリーの前蹴りでスタート。前蹴りから勢いそのままバックに回り込もうとしたワイズリーに対してケージを使って胸を合わせたヤングは左ミドルを受け、右ジャブも顔面にヒットされてしまう。

体を振りながら放った左フックも命中したワイズリーはヤングのジャンピングニーもかわし、前蹴りを放つなど、ペースを掴む。スイッチを繰り返し、左ストレートを見せたワイズリーだったが、ここでもローを掴まれテイクダウンを許してしまう。

クローズドガードのワイズリーはケージを蹴って頭をオクタゴン中央に持ってくる。相変わらずインサイドガードから攻め手のないヤングだったが、勢いをつけてエルボーを3発落とす。残り90秒、立ち上がったヤングのパウンドはまた外れ、続く右もワイズリーにガードされてしまう。

レフェリーがブレイクを掛け、試合がスタンドに戻ると、ワイズリーの左ミドルがヒット。ヤングの後ろ廻し蹴りをかわし、パンチを打ち込んだワイズリーだが、続くハイキックでバランスを崩してガードを強いられたところでタイムアップ。裁定はトップをキープしていたヤングが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN