この星の格闘技を追いかける

【OFC18】岡嵜康悦〈02〉 「次の試合が大切になってきます」

Koetsu Okazaki

【写真】大切な一戦で勝利した岡嵜、この一勝を如何に次へ、そしてその次へ繋げることができるか (C)MMAPLANET

11日(金・現地時間)に台湾・タイペイのTNUスポーツアリーナで開催されたOFC18「Way of Dragons」でユーサップ・サーデュラエフをTKOで破った岡嵜康悦インタビュー後編。

ユーサップ・サーデュラエフに勝ったことで、改めてその実力を示した岡嵜、今後の進路としてどこを狙っているのかを尋ねた。
<岡嵜康悦インタビュー Part.01はコチラから>

――岡嵜選手は日本で国際戦の経験がなかったですが、OFCで頂点ビビアーノ・フェルナンデスを始め、3試合を経験しました。

「日本では国際戦はなかったんですよね、ビビアーノに関しては進めば、絶対に先にいる人なので……」

――アジアMMAルールというべき、ヒザもサッカーボールも許されている戦いにも慣れましたか。

「大分慣れましたね。今日もサイドからヒザで顔面を蹴ったり、経験値が上がったと思います」

――試合間隔もここ数年来で最も短くなっています。あまり間を置かずに戦っていく意向でしょうか。

「そうですね。あとOFCとは契約的には1試合残っている形なのですが、それからのことは次の結果にもよると思います……」

――このままOFCでやっていくのか。それとも他に選択肢を持っていますか。

「とりあえず、日本ではなくて海外で戦っていきたいです。海外はなぜか、戦いやすいので」

――世界最高峰UFCに関しては、どのような想いでいますか。

「UFCは一番有名ですし、誰もが絶対に頭の中に持っているモノだと思います。いつかとか分からないけど、もちろん意識はしています」

――もう一度、ビビアーノという気持ちも同時に持っていませんか。

「ビビアーノは……一回やっているというのがあるんですけど、ビビアーノがどれだけモチベーションがあるのか。いずれにせよ、さっきも言ったように僕の今後がどうなるかは次の試合結果次第やと思うんです」

――30歳を越えた選手は、現役を続ける限り、終わった試合よりも次が大切という気持ちになると思います。

「それが延々と続きますね(笑)」

――個人的には日本で扇久保博正選手に負けたところで日本でのキャリアが途絶えた形になっている岡嵜選手の強さが、またOFCで再確認され、世に伝わっていくことは嬉しい限りです。

「あの試合は、完全に自分のミスで負けた試合でした……」

中蔵 コイツ、あの時は最後の追い込み練習とかにしても、完全にモチベーション失っていましたからね。

――では、現在はモチベーションも高いということで、次戦が楽しみな岡嵜選手です。OFCを舞台に、その強さが世に伝わることを願っています。

「次の試合は契約上、今年中にこなすことになっているので、契約通りに今年、もう1試合戦いたいですね。もう、ここまでやってきたので……。さすがに40歳までは続けられないとは思っていますが、出来るところまでやり通したいです」

――ではOFCとUFCを天秤に掛けられるような活躍期待しています。

「天秤っていうたら言い方が悪いですけど、ベストを尽くして可能性を広げていけるよう頑張ります」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie