この星の格闘技を追いかける

【RFC07】腕十字で明暗分けた日本勢=久米&佐藤

Jucao
【写真】メインカード第3試合にはATTアトランタのホアン・ジュカォン・カルネイロが出場し、腕十字で一本勝ちを収めている。

リアルタイムで追えなかったMMAイベントを後追いリポートするMMA SALON。今回は24日(土・現地時間)、韓国ソウルのチャンチュン体育館で行われたROAD FC07から、久米鷹介、佐藤将光の試合の模様をお伝えしたい。 Text by Choi woo-suk/ Photo by MOOZin

初の韓国遠征となった久米は、リーチの長いブラジリアン柔術家イ・ヒョンソクと対戦。序盤からテイクダウン狙いの久米は、腰で左まぶたをこすり、大量の流血に追い込まれるも、応急措置の後、直ぐにサイドを奪取し、1R終了直前に腕十字を極めかけるなど、ベースを握った。2Rに入るとマウントを奪った久米は、イのブリッジに合わせて横三角から、後ろ三角のような形になり、最後は腕十字を極めた。

一方、メインでバンタム級トーナメントに出場した佐藤将光はカン・ギョンホと対戦し、1Rには右フックでダウンを奪うも、2Rに腕十字で一本負けを喫してしまった。この他のバンタム級トーナメントでは、減量に失敗したソ・ゼヒョンを判定で下したソン・ミンジョング、ONE FC帰りのキム・スチョルをスプリット判定で破ったムン・ゼフンが準決勝進出を決めている。

UFCやPRIDEで活躍したデニス・カンの弟として注目されたトミー・カンは、急遽参戦した15キロ以上軽いソン・ギュソクをパンチのコンビネーションで撃破しTKO勝ちを収めている。

前座のヤングガンズでは、一昨年のK-1ソウル大会のMMAマッチでアンドリュース・ナカハラと対戦しているムン・ジュンヒが、ガードからの三角絞めでイ・サンヒュンを相手に一本勝ち。パンクラス出場経験者のキム・ソクモは、首相撲からのヒザ蹴りでダウンを奪うと、パウンドの連打でキム・ヒョンリョルからTKO勝ちを挙げ、ライト級転向初戦を勝利で飾っている。

■LFC07主な試合結果

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>

カン・キョンホ(韓国)

Def.2R3分59秒by 腕十字

佐藤将光(日本)

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>

ムン・ゼフン(韓国)

Def.2-1

キム・スチョル(韓国)

<80キロ契約/5分3R>

ホナン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)

Def.1R4分41秒by 腕十字

チャ・ジョンファン(韓国)

<ライト級/5分3R>

久米鷹介(日本)

Def.2R1分31秒by 腕十字

イ・ヒョンソク(韓国)

<RFCバンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R>

ソン・ミンジョン(韓国)

Def.3-0

ソ・ゼヒョン(韓国)

<ライトヘビー級/5分3R>

トミー・カン(カナダ)

Def.2R3分33秒by TKO

ソン・キュソク(韓国)

<ライト級/5分3R>

キム・ソクモ(韓国)

Def.1R0分33秒by TKO

キム・ヒョンリョル(韓国)

<ライト級/5分3R>

ムン・ジュンヒ(韓国)

Def.2R1分02秒by 三角絞め

イ・サンヒョン(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie