この星の格闘技を追いかける

【TUF19】一進一退のシーソーゲームはリーが制す

2014.07.07

<ライト級/5分3R>
ケビン・リー(米国)
Def.2-1:30-27,29-28,28-29
ジェシー・ロンソン(カナダ)

試合開始直後、リーがダブルレッグでロンソンをケージに押し込む。ロンソンは左腕を差し上げ防御する。試合がケージ中央に戻ると、打撃の交換からすぐにリーがダブルレッグを仕掛ける。ここもテイクダウンに至らず、ミドルを入れて離れるリー。ロンソンの左ローで、リーがバランスを崩す。左ミドル、ヒザ蹴りとロンソンがリーのボディを攻める。左ジャブからコンビネーションでリーが前に出る。

ロンソンは左を返し、テイクダウン狙いを切っていくが、ケージを背にした状態で、ついに肩口に抱えられスラム気味に叩きつけられる。すぐに立ち上がったロンソンを、リーはダブルレッグでしっかりと背中をつけさせる。起き上がり際にバックを取ったリーがRNC狙い、パンチと初回をリードした。

2R、右アッパーから左で前に出たロンソン。これをかわしたリーだが、左ミドルと左ボディフックを受ける。ロンソンのローに組みつき、ダブルレッグで押し込むリーだが、頭を押さえら思い通り倒すことができない。距離を取り直した両者、リーが素早い右ストレートを伸ばす。続くローにテイクダウンを合わせたリーだが、ロンソンは時間を掛けて切って立ち上がる。逆にシングルでリーをドライブしたリーは、胸が合うとヒザを突き上げる。リーも左を打ち込み、ここでもダブルレッグへ。ロンソンをケージに押し込んだ状態で2Rが終わった。

最終回、リーのシングルにロンソンはキムラロックで耐える。リーが離れると、ロンソンは左ミドルと引き続き腹から攻める。左ボディストレートを被弾したリーは、シングルを仕掛けるも足を抜かれる。続くリーのダブルを切ったロンソンが、体の軸が崩れたところで逆にダブルレッグを決める。一瞬にしてバックに回ったリーがRNCをタイトに仕掛けるも、ロンソンの反転を許しトップを取られる。逆にリーが、バックコントロールから両足をフックしていく。

立ち上ったロンソンは、前方にリーを崩そうとする。着地したリーはワンツーを伸ばす。ローを返すロンソン、右フックが勢いよく決まる試合はタイムアップに。結果、スプリットでリーが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie