この星の格闘技を追いかける

【UFN44】劣勢のギマリャエス、ローと前に出る姿勢で局面打開

2014.06.29

<ミドル級/5分3R>
マルセロ・ギマリャエス(ブラジル)
Def.2-1:29-28, 29-28, 27-30
アンディ・アンツ(米国)

アンツは左ジャブから右ストレートを伸ばし、右フックを返すギマリャエスの顔面を右が捉える。ギマリャエスが右ミドルから組みついてダブルレッグでテイクダウンを狙う。そのままアンツを肩口に担いでスラム、アンツはすぐに立ち上がる。再び右ストレートをヒットさせたアンツは、すぐに右をもう一度打ち込む。距離が合っていないのか、見えていないのか、右を被弾し続けるギマリャエスは組みついていくが、自ら距離を取り直す。

頭を振って左右の大きなフックをギマリャエスが振るい、蹴りを連続で見せる。右を嫌がり、打撃の距離が遠くなったギマリャエスに対し、アンツが右ローを放つ。大きなフックからギマリャエスは組みつくも、ケージに押し込むだけでテイクダウンには至らない。終盤、ギマリャエスはアンツの右ローで体がよれるなど、かなり体力を消耗した初回となった。

2R、スピードアップしたアンツが右ローから左ジャブ、右ストレート&左アッパーとプレッシャーを与える。体が伸びた状態でハイキックを繰り出し、自ら姿勢を乱すギマリャエス。アンツは右ストレートに加え、左ボディフックが目立ってくる。ギマリャエスも組み際にヒザを入れ、右フックを放つなど前に出る姿勢が良い作用を生み出す。ギマリャエスの右フックがアンツの顔面を捉える。さらにダブルレッグを決めたギマリャエスが、アンツの立ち上がり際にバックへ。アンツが胸を合わせると、ギマリャエスが自ら距離を取り直し、ワンツーをヒットさせる。

残り90秒、低い姿勢のテイクダウンの効果か、ギマリャエスの頭を下げてからの右オーバーハンドがアンツの顔面に当たるようになる。逆にアンツのパンチは初回のような精度がない。ギマリャエスの右ミドルに左ジャブを合わせたアンツだったが、このラウンドは失ったとみるのが妥当だ。

3R、すぐに右ストレートを打ち込むアンツ。さらに左ハイから左サイドキックと、リズムを掴みに掛かる。ギマリャエスも下がらず前に出るが、右ミドルをキャッチされ倒されそうに。背中を向けて足を引抜いたギマリャエスが、続く打撃戦のなかでテイクダウンを決める。アンツはすぐに立ち上がるが、ポイント的にどのように判断されるか。ギマリャエスは右ローを重ね、そこにアンツが右を合わせようとする。ただし、この局面はギマリャエスに凱歌が挙がる。ローを受け続けたアンツの両足が揃ってくる。

当然、アンツの踏み込みは甘くなり、ギマリャエスはローを継続的に蹴りこむ。残り70秒でテイクダウンからバックに回ったギマリャエス、ケージを背にして胸を合わせたアンツは左腕を差し上げようとするも、シングルに捉えられ時間が過ぎていく。バックを許したまま、ケージに押し込まれた状態で試合終了を迎えたアンツは判定負けに。30-27で彼を支持したジャッジをいたことは信じられない。2Rと3Rは明らかにギマリャエスのラウンドだった。

PR
PR

関連記事

Movie