この星の格闘技を追いかける

【特集アジア】3/18 HEATに出場するイ・ギュミョン

2012.03.13

Lee Gyu Myung11日(日・現地時間)にインドでSuper Fight Leagueが立ち上がり、17日(土・同)にはタイでDARE、24日(土・同)は韓国でRoad FC、30日(金・同)はインドネシアでLFC、翌31日にシンガポールでONE FC、さらに4月7日(土・同)に再びインドでSFLが開催されるアジアのMMAイベント。

【写真】183センチの長身で、リーチも長く現代MMAにフィットした体形の持ち主。将来的にはライト級で戦いたいという意向を持っているそうだ (C) MMAPLANET

そんなアジアの国から日本を戦場にしているファイターの代表格は韓国勢。来週の日曜日に名古屋の金網大会HEAT21に、キム・ドンヒョン2世といわれる韓流気鋭ファイター=イ・ギュミョンが来日する。特集アジア、第2弾は新鋭イ・ギュミョンのインタビューをお届けしたい。

――韓国の将来を担うファイターを紹介してほしいと、こちらのメディアにお願いしたところ、第2のキム・ドンヒョンになりえる逸材であるイ・ギュミョン選手を取材すべきだという言葉をもらい、ジムを訪れさせてもらいました。

「凄く有難いことですが、僕自身はキム・ドンヒョンを越える存在になろうと思っています」

――おお、若者らしい発言ですね。凄くお若いように見えますが、生年月日を教えていただけませんか。

「1990年5月11日生まれ、韓国の歳の数え方だと23歳です」

――日本流だと21歳ですね。なぜ、格闘技を始めたのですか。

「小学校から中学までテコンドー部に入っていましたが、MMAファイターになりたくて、高校生になってからチョムシングァン(浄心館)で練習をするようになりました。チョムシングァンで練習していたイム・ジェソク館長が、ジムをここに開いたときに、一緒にこちらに来ました」


――MMAファイターを志すようになったきっかけは?

「PRIDEがきっかけです。PRIDEを見るたびに、血が騒いでしょうがなくなりました。ミルコ・クロコップとヴァンダレイ・シウバのファンでした。そして、どこかでMMAの練習ができないかとジムを探していたら、チョムシングァンが家の近くにあったんです」

――打撃系ファイターに憧れを持っていたのですね。

「ハイ、今でも打撃が好きで、僕自身打撃系のファイターです」

――子供の頃に身につけたテコンドーの動きが、MMAで役立つことはありましたか。

「役に立つ部分とそうでない部分、両方ありました。テコンドーのステップと出入りは、MMAで役に立ちます。ただ、僕がやっていたテコンドーはWTFで、ITFの方がどうだか分からないですが、僕が習っていたテコンドーの蹴りはスピード重視で、パワーがなかったのか、MMAだけでなく平行して戦っているキックの試合に出ても苦労しました」

――ということは、キックの試合にも出場しているということですね。

「キックは武人という大会でプロデビューし、4試合戦って、2勝2敗です。アマチュアの試合にも、練習を始めた直後に自分で申し込んで、出場したことがあったのですが、もっと練習しないといけないことに気付かされました。MMAは練習を始めてから、プロで試合をするまで5年掛かりました。

韓国ではなかなかプロで戦うチャンスがなかったのですが、2009年に日本の強者で試合をして、グラジエイターでも戦いました。韓国で戦ったのは、去年の9月にキックボクシングのWAKOの大会のなかでMMAの試合が組まれて戦った1試合だけです」

――強者で戦ったことがあるのですか? それは知りませんでした

「日韓対抗戦、10×10の試合で大阪で行われました。とにかく経験を積みたかったんです。だから、大会の規模などにこだわることはなかったです。喧嘩大会でした。腕試しで出て、楽しんで戦いました。

ずっとパウンドを落とし続け、判定勝ちでした。グラウンドになるとすぐにブレイクが掛かるので大変でした。次の試合は、キックでしたが、ニューカレドニアで行われた4人トーナメントで、決勝はヒザを負傷しTKO負けになりました。豪州とフランス、ニュージーランドのファイターが出た大会でした。

去年の11月にグラジエイターの福岡大会に出て(※80キロ契約で中村勇太に1分48秒TKO勝ち)、もう一度出たグラジエイターはケージで、キックの試合でした(※12月18日、75キロ契約でサイドに3-0の判定勝ち)」

――次の試合は3月18日、名古屋の金網大会HEATでウェルター級王座決定1Dayトーナメント、マッハ道場の大櫃達也選手との対戦が決まっています。

「まだ僕は経験不足かもしれないですが、試合でポテンシャルの全てを出せたことはありません。次の試合では、持っている力を全て見せて、勝っても負けてもどちらかが倒れる試合をやります。僕は判定が大嫌いだから、打撃とパウンドで攻めてKOを狙います」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday