この星の格闘技を追いかける

【BFC60】まさかの準々決勝逆転負け、ロニー・マン

2012.03.10

<フェザー級トーナメント準々決勝/5分3R>
マイク・コーリー(米国)
Def.判定3-0:29-28,29-28,29-28
ロニー・マン(英国)

試合はロニー・マンの右ローでスタート。左ジャブを伸ばすコーリーに対し、ロニー・マンはワンツーから右ハイを見せる。さらにコーリーの右に、右フックを合わせたロニー・マン。コーリーが組みつくが、ギロチンを仕掛けられ、首を引き抜いて距離を取り直す。

その後は互いに静かな動きに終始すると、ラウンド中盤にロニー・マンの右ストレートでコーリーがヒザをつき、すぐに立ち上がるも、再び右フックを受けてダウン。トップから攻めようとしたロニー・マンに対し、コーリーがラバーガードを見せる。

ロニー・マンは自らスタンドに戻るが、コーリーはダメージから回復したのか、ダウン以前と変わらぬ動きでパンチを放っていく。ロニー・マンもワンツーから左ハイを見せ、続いてアッパーからジャンピングニーと手数をゆるめない。


残り30秒でコーリーはテイクダウンを奪うと、鉄槌を落とす。ロニー・マンは、身をかがめてパウンドを受けながら初回のタイムアップを迎えた。

2R、再び静かな距離の取り合いが続き、組みつきながら前に出たコーリーの左フックがヒット。ロニー・マンも右を打ち込む。左フックから右ローを見せたロニー・マンは、コーリーが前に出てくるところで、再びパンチを入れるも、残り3分の時点でコーリーがテイクダウンに成功する。

インサイドハーフから、左右のパウンドをコツコツと落とすコーリーに対し、時間を掛けてロニー・マンがクローズドガードに戻す。ケージを使って腕十字を仕掛けるも、コーリーが強烈な左の鉄槌を落とす。インサイドガードながら、ロニー・マンに対し、垂直の角度でしっかりと抑えるコーリーに対し、ワキを差したロニー・マンが足を取りにいくも、パンチを受けて背中を付け直す。

勢いのあるパウンドを連続で落とすコーリーが力強いトップコントロールからパウンドで2Rを取りかえした。

最終回、スタンドの打撃戦では優位に立つロニー・マンだけに、テイクダウンは逃れたい。コーリーはそのスタンドでも積極的に前に出てパンチを継続的に繰り出す。そして、ロニー・マンの右フックに外掛けを合わせてテイクダウン。

1R終盤、2Rと同様にトップからゴツゴツとしたパウンドを見舞っていく。ロニー・マンは動きを止めるシーンが多く、ガードでもっと動きが欲しい。腰をコントロールして、半身のロニー・マンの顔面に右のパウンドを連打するコーリー。ロニー・マンはクローズドガードに戻し、腕十字を仕掛けるが、これはもう読まれている。

コーリーはインサイドガードの状態で左のパンチも落とし、パスの機会をうかがう。顔を殴られ続け、背中を向けたロニー・マン。亀の状態から前転し、アンクルロックを仕掛けたロニー・マンだが、コーリーにパスを許し、さらに勢いの増したパウンドを受けるはめに。再度、亀になったロニー・マンのボディにヒザを落したコーリーは、最後まで勢いを落とさずパウンドを落とし、タイムアップの時を迎えた。

結果、ジャッジは3者とも29-28でコーリーを支持。「素晴らしい気持ちだ。1Rには殴られたけど、すぐに回復した」と語ったコーリーは、ファンに感謝の言葉を述べてケージをあとにした。

PR
PR

関連記事

Movie