この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】完璧なトムソンに、ファンは不満のBooo!!!

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・トムソン(米国)
Def.判定3-0:29-28, 29-28, 29-28
KJ・ヌーン(米国)

両者が前蹴り、ローを繰り出し、距離を測るなか、トムソンの跳び二段前蹴りがKJの顔面をかすめる。トムソンはカニ挟みからヒールを狙うが、これを察知すると後ろ回し蹴りを繰り出し、笑顔を見せる。

前に出るKJ。頭が左に傾くと右ハイでトムソンがその頭を蹴り上げる。シングルレッグから足を刈ってトムソンがテイクダウンを奪うと、KJはケージまで移動し、左手をついて立ち上がろうとするが、トムソンは足を払って再び尻もちをつかせた。

KJの両足を束ねて、両足で挟み固定したトムソンの執拗な攻めに、KJはレフェリーにブレイクを求めるような視線を送る。立ちきれないKJは、バックを許さないように動くが、トムソンがワキから頭を抜くと、自ら引き込んでガードへ。


バックを譲るより、ガードを選択したKJは、そのままボトムを強いられたまま1R終了を迎えた。

2R、スイッチを繰り返し、関節蹴りを見せるトムソンに、KJはスーパーマンパンチを繰り出す。

左ハイを放った際に、スリップし尻もちをついたトムソンは、パウンドを落とそうとしたKJの腰のコントロールし、テイクダウン。頭を押して立とうとするKJだが、ストレスが溜まる試合展開が続く。両足を挟まれ立てないKJは、舌を出し、左手を挙げる。構わず足を束ねて、グラウンドを続けるトムソンは、KJの右手を引き寄せて、背中をつかせる。

インサイドガードからボディにエルボー、顔面にパウンドを落とすトムソンに対し、KJはクローズドガードで固定し、レフェリーのブレイクを導き出した。スタンドではアッパー、ヒザを見せるKJは、トムソンのテイクダウン狙いを切る。

疲れが見えるトムソンだが、残り1分で再びテイクダウンを奪取し、足を払ってパウンドを落とす。その後は、頭を胸につけて、しっかりとポジションキープ。ファンの嗜好は別として、トムソンは完璧な試合運びを見せる。

最終回、ローからアッパーを見せるKJだが、トムソンはしっかりと間合いをはかり、足払いでテイクダウンを奪う。インサイドハーフガードから、肩固めを仕掛けたトムソンは、苦しげな表情を浮かべたKJの動きに合わせ、バックに回り込む。

2Rを取っており、このまま時間が進んでも構わないトムソンは、しっかりとハーフバックをキープする。KJのブリッジに合わせマウント、さらに足を戻させてインサイドハーフになってなお、トップから鉄槌を落とし、トムソンは圧倒的に試合を支配する。

残り2分を切って、ガードを強いられるKJは、打つ手がない。トムソンは首を殺したまま、ケージに押し込むと、首へのロックを外して、パンチを落とす。パウンドの次は、腰をコントロールしてKJを立たせない。さらに両足を挟みこみ、ボディから顔面にパウンドを落とし、さらに腰をコントロール。残り10秒を切ると、ケージをキャンバス代わりに背中をつけたままのKJのボディにヒザを落としたトムソン。ジャッジ3名ともなぜか1PをKJにつけるも、3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie