この星の格闘技を追いかける

【UFN42】魂のTDでヨルゲンセンが、マルチネスを振り切る

<フライ級/5分3R>
スコット・ヨルゲンセン(米国/15位)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ダニー・マルチネス(米国)

大きな振りの左フックから左ストレートを伸ばすマルチネス、続いて左ストレートから前に出てラッシュを続ける。左からの攻撃一辺倒のマルチネスに対し、右ミドルを入れたヨルゲンセンは、左ストレートを受けそうになりながらダブルレッグでテイクダウンへ。すぐに背中を預けながら立ち上がったマルチネスは、胸を合せて距離を取り直す。

マルチネスの左フックにシングルを合わせたヨルゲンセンがバックへ。大きく後方に投げてシングルハーフ。そのまま左回りに崩して、グラウンドに持ち込んだヨルゲンセンは両足をフックしRNCを狙う。ここからが強いマルチネスだが、ポジションを取られて劣勢なことには変わりない。立ち上がったところで再び後方へ大きく投げたヨルゲンセンが、右フックを後方から入れてバックをキープする。シングルに持ち替えリフトアップから3度目のテイクダウン、そのままシングルバックに入ったヨルゲンセンだが、マルチネスは前方回転からスタンドに戻る。しかし、直後に左ハイでバランスを崩したマルチネスは、ここでも寝技でトップを取られてしまう。すぐに立ち上がったマルチネスは、左ストレート、ボディ、左ミドルと攻撃を見せたが、失ったポイントの挽回はならなかった。

2R、左から右をヒットしたマルチネス、左の連打でヨルゲンセンの腰が落ちかける。ヨルゲンセンのテイクダウン狙いを切ったマルチネスは、左の連打でついにヨルゲンセンを捉える。連打でダウンを奪い、バックを取ってケージに押し込むマルチネス。ヨルゲンセンが正面を向くと、左フック、左ボディフックを決めたマルチネスは、オクタゴン中央に移動し左を2発続ける。

ヨルゲンセンのダブルレッグを切ったマルチネスは、息を整えながら左を見せる。勢いが落ちたマルチネスにヨルゲンセンは、右ストレートから左を決める。たまらずシングルに出たマルチネスは、ケージにヨルゲンセンを押し込み左アッパーから左エルボーを決める。右アッパーで逆襲に出たヨルゲンセンが、右ボディからダブルレッグへ。マルチネスは力なく背中をマットにつける。

バックを譲りながら立ち上がったマルチネスだったが、すぐにシングルで倒されエルボーを被弾する。マルチネスはケージウォーキングから立ち上がるも、すぐに足をキャッチされバックを許してしまう。シングルバックでパンチを連打するヨルゲンセンが、ここで2Rが終了した。

1Rはヨルゲンセン、2Rは微妙なラウンドとなったが、ダウンを取ったマルチネスが取り返したか。勝負の最終回、マルチネスのフックは距離が遠い。ヨルゲンセンはシングルレッグでテイクダウンを奪取、ハーフから抑え込んでキムラを狙う。さらにノースサウスからサイドマウントに戻ったヨルゲンセンだったが、マルチネスはここでもケージウォークで後方回転し、スタンドへ。マルチネスは左のフライングニー、直後にヨルゲンセンがテイクダウンからバックへ回る。

ヨルゲンセンは自ら間合いを取り直すと、再びダブルレッグでテイクダウンに成功する。サイド、レッグドラッグからバックに回ったヨルゲンセンは、マルチネスが起き上がると前方に落されないように、自ら着地して正面に回り込む。打撃戦に持ち込めないマルチネスは、この局面でもシングルでテイクダウンを許すも、すぐに立ち上がる。残り1分、マルチネスの左フックを顔面に受けたヨルゲンセンの体が揺れる。ケージ際に押し込み、エルボーを入れるマルチネスに対し、ヨルゲンセンが魂のテイクダウンへ。そのままトップをキープしたヨルゲンセンが最終回を取り、3-0で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie