この星の格闘技を追いかける

【UFN41】マゴメドフがUFCデビュー戦対決で勝利

2014.06.01

<ヘビー級/5分3R>
ルスラン・マゴメドフ(ロシア)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ビクトー・ペスタ(チェコ)

じりじりと前に出るぺスタ。マゴメドフは左ミドルを蹴り返す。ぺスタは左フックで飛び込んで右フック、マゴメドフも下がりながらパンチを返し、蹴り足を取られてもテイクダウンは許さない。距離が離れるとマゴメドフは左ミドル、前に出るぺスタに左フックを狙う。さらにマゴメドフはぺスタの右に右を合わせて左ハイキック。ぐらつくぺスタも組みついて首相撲からヒザ蹴り。これでマゴメドフが後方に倒れ、ぺスタはインサイドからパンチとヒジ打ちを落とす。ハーフガードになったぺスタは脇を差して立とうとするマゴメドフを寝かせて、インサイドガードからヒジ打ちを落とす。

2R、左ミドルを蹴るマゴメドフに対してぺスタは左右のフックで前進。お互いに距離を測って見合う展開が続き、マゴメドフがいきなり左ハイキックを狙う。さらにマゴメドフは右ローを蹴って、前に出るぺスタにパンチを返す。ぺスタもダブルレッグでテイクダウンを狙うが、マゴメドフはスイッチを駆使してディフェンス。ぺスタはマゴメドフの立ち際にヒザ蹴りを狙う。距離が離れて再び打撃戦になると、マゴメドフが右を伸ばして左ハイキック。ぺスタの右ストレートに右ストレート、その後もパンチのカウンターやハイキックを狙う。残り20秒、ぺスタがタックルを狙い、マゴメドフもハイキックからパンチで前に出る。

3R、下がりながら左ハイ・左ミドルを蹴るマゴメドフ。ぺスタのパンチに右アッパーを返す。ぺスタは右ストレートからタックルで組みつくがマゴメドフは倒れず。逆にマゴメドフが離れ際にパンチとハイキックを蹴る。なかなか前に出られないぺタス。マゴメドフはしっかり距離を取ってハイキック、ぺスタのシングルレッグを切って、すぐさま右アッパーを突き上げる。マゴメドフは左から右フック、ジャブを当てて左ハイキック、左アッパーと攻撃を当てる。さらに左ハイキックをタイミングよく当ててぺスタの足を止める。残り1分、ぺスタもテイクダウンを狙うが距離が遠い。逆にマゴメドフはペースを崩さず、ぺスタのタックルを切ってはパンチ・ハイキックを入れる。このまま試合終了となり、UFCデビュー戦同士の対戦はマゴメドフが判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie