この星の格闘技を追いかける

【UFC144】秋山成勲、投げを決めるも決定機なく

<ウェルター級5分3R>
ジェイク・シールズ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
秋山成勲(日本)

さいたまスーパーアリーナの埋め尽くした観客から、ブーイングを受ける秋山。すぐに距離を詰めた秋山に対し、シールズはパンチから組みつくが切られる。左を伸ばし、シングルレッグダイブを見せたシールズは、秋山をドライブしケージに押し込む。頭を抑えて、テイクダウンを許さなかった秋山は、体勢を入れ替えて距離を取る。

シールズの右ローに、右を合わせようとする秋山は、しっかりと距離を測って試合を進める。思い切り飛び込んだシールズ。バランスを崩した秋山は、パンチを受けてケージに押し込まれる。腰をコントロールしたシールズが、バックに回り込むが、秋山は腕を入れて胸を合わせていく。

シールズは左ジャブを伸ばし、秋山も左から右を返すが、やや動きが硬いか。首を抱え、さらにパンチを打ち込もうと前に出るシールズに、左ジャブから、強烈な足払いを見せた秋山。シールズが亀の体勢を取るが、秋山は自らスタンドを選択して、初回を闘い終える。


2R、シールズは左から右を伸ばし、テイクダウンを狙うも、秋山は左の大外刈りを見せる。ダブルレッグを潰した秋山だが、左ストレートを受ける。秋山は手数が少ないため、もう少し自分から攻撃を仕掛けたいところだ。

右アッパーを近距離で見せたシールズに対し、距離をとった秋山がローキックを蹴り込む。右ローを返すシールズ。手数は多いが精度は決して高くない。大外刈りを決められた秋山に対し、起き上がったシールズがダブルレッグに出るが倒せない。バックに回ったシールズは、スイッチから胸を合わせようとし、左へ一度、二度と回る。

最終回、両者のパンチが交錯するが、単発の攻撃が続く。ローから左を受けた秋山は、左を出して組み合いになるが、すぐに距離を取る。首相撲の体勢を取ろうとしたシールズに、逆にアッパーを打ち込んだ秋山は、組みつかれてもケージに逆に押し込む。館内から秋山コールが起こり、残り2分。秋山が組まれても組まれても、テイクダウンを阻んでいく。ケージに押し込まれた秋山は、バック狙いのタイミングで逆にシールズを押し込む。ブレイク後、左を振るった秋山だが、これは空振りに。そして、シールズがバックに回り、ケージを掴んだ秋山に大きなブーイングが送られる。

そのままグラウンドに移行したシールズは、バックをキープしマウント狙いから、リアネイキドチョークへ。ここで試合はタイムアップとなったが、2Rまでの攻防をジャッジがどのように判断するか。手数とテイクダウンの仕掛けのシールズ。投げを決めるがトップを取る場面はなかった秋山。果たしてジャッジは、三者とも30-27でシールズを支持し、判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie