この星の格闘技を追いかける

【RFC15】ミノワマン 「一発でなく削って。目標はUFC」

Minowaman

【写真】日本を離れる直前、東京・羽田空港で快く取材に応じてくれたミノワマン(C)MMAPLANET

31日(土・現地時間)、韓国ウォンジュのチアック体育館で開催されるRFC15でパク・ジョンギョと対戦するミノワマン。昨年10月のRFC10でキャリア100試合目を勝利で飾り、今大会では韓国国内でムエタイ・キックの経験豊富なジョンギュと対戦する。

現在、RFCとIGFを合わせて3連勝と勝ち星を重ねているミノワマンはUFC出場を目標に掲げ、スタイル変化にも着手しているという。韓国に向け離日直前、ミノワマンにその胸中を尋ねた。

――昨年10月以来のRFC参戦となるミノワマン選手です。韓国での試合は経験豊富ですが、ミノワマン選手にとってはどんな場所ですか。

「想像していたよりもミノワマンを暖かく迎えてくれる感じが試合前も試合後にも感じました。ファンの人たちの期待感や楽しみにしてくれている雰囲気が伝わります」

――あまりやりにくさは感じていない?

「はい。自分はまだ韓国で総合格闘技がちゃんと始まる前から韓国には来ていたので、韓国がアウェーという感覚はないです」

――さてミノワマン選手は現在RFCとIGFを含めて3連勝中です。

「連勝…中…でしったけ? 確かそうだったと思いますけど」

――あまり連勝していることは意識していないですか。

「毎回課題を持って試合に取り組んでいるので、自分が連勝しているとか、そういうことはほとんど考えてなかったです。試合で課題をクリアして、反省して、新しい課題を見つけての繰り返しなので」

――最近ではどんな課題を持って取り組んでいるのですか。

「その時の対戦相手によって課題は変わるのですが、IGFはリングで、RFCは金網じゃないですか。リングと金網は距離感が全く違うので、そこは考えながら練習しています。金網になると一気に距離が遠くなるので、今回は特に距離を意識しています。あとは対戦相手ですね。今回の相手はしぶとい選手なので、一個一個削っていきたいです」

――対戦相手のジョンギュにはどんな印象を持っていますか。

「粘り強い選手ですよね。最後は確実に仕留めたいですが、そのためにも確実に一個一個クリアして削っていく、ですね。ここ最近の試合ではいきなり欲しいものを取りにいって逃げられているので、確実に削って削って、最後は削り取る。それが今回の試合で課題にしていることです」

――なるほど。これまでのミノワマン選手の試合は“削る”よりも“一発”でフィニッシュするイメージが強かったと思います。

「確かに今まではそういうスタイルだったと思います。でも結局自分が欲しいもの…勝ちです。先にある勝ちに執着しすぎると、目の前にあるものがすっぽ抜けてしまう。そうではなくて目の前の一個一個に集中する。そうやって勝ちに“執着”するのではなく“集中”することを大事にしようと思います。特に今回は相手が粘りのある選手で、過去の試合を見てもダウンした後に立ち上がって逆転してしまうようなタイプなので、確実に削っていきたいです」

――やはりミノワマン選手から“削る”というフレーズが出てくるのは意外ですね。

「100戦でやっと気づいたんですけど(苦笑)、今までと同じ戦い方では、勝てる試合も勝てないんだなと。面白い試合にはなるかもしれませんが、目的は勝つことじゃないですか。そのためには確実に削る…というか、一つ一つの勝負にちゃんと勝つということですね」

――ミノワマン選手が韓国ではRFC、日本ではIGFで試合をしています。ずばり今、ミノワマン選手が目指しているものは何でしょう?

「UFCです。UFCが今世界中が注目される格闘技であれば、そこで自分が戦う姿を見せたいし、周りは自分をどう見てくれるのか。ものすごく興味があります」

――9月20日には日本大会も開催されます。意識していますか。

「米国でやっているUFCを日本でやって、どんな反応があるのか。UFCは世界中の人が見てくれると思うので、世界中の人がどういう反応をしてくれるのかを見たいですね。ただここでUFCに執着すると、目の前のRFCの試合が疎かになってしまう。今までもUFCばかりを見てしまって、目の前の試合でいい結果を出せなかったことがありました。だからそれは試合と同じで、先の目標はひとまず置いておいて、目の前のことを大事にします。なので今は明後日の試合のことしか考えられません」

――分かりました。ではUFCの話はRFCの試合が終わったあとに聞かせてください。

「ありがとうございます。もちろん次の試合で勝ったからと言って、すぐにUFCに出られるとは思っていません。でも一個一個用意されたステージで、焦らずに確実に経験と階段を上がっていくつもりです」

■RFC15対戦カード

<チュモギオンダスペシャ・ヘビー級/5分2R>
パク・ヒョンウ(韓国)
キム・ジェフン(韓国)

<フェザー級/5分5R>
ソ・ドゥウォン(韓国)
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー)

<ミドル級/5分3R>
ミノワマン(日本)
パク・ジョンギョ(韓国)

<バンタム級/5分3R>
田村一聖(日本)
キム・スーチョル(韓国)

<フェザー級/5分3R>
キル・ヨンボック(韓国)
梅田恒介(日本)

■Young Guns14対戦カード

<バンタム級/5分2R>
キム・ホジュン(韓国)
チョ・ヨンスン(韓国)

<フライ級/5分2R>
キム・ソクヨン(韓国)
クァク・ジョンヒョン(韓国)

<ミドル級/5分2R>
キム・デソン(韓国)
イ・チャンホ(韓国)

<フェザー級/5分2R>
タイロン・ヘンダーソン(米国)
オ・ホテク(韓国)

<バンタム級/5分2R>
キム・ソンモク(韓国)
ユ・ジェハク(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie