この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】ダナが日本大会で「ハント×ネルソン」明言

Dana White

【写真】現地時間で零時を回ろうという時でさえ、ダナ・ホワイトはエネルギッシュに日本大会について語った (C)MMAPLANET

24日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスMGMグランドガーテン・アリーナで開催されたUFC173。大会終了後の公式会見とぶらさがり取材後、ダナ・ホワイトがUFC JAPAN公式ホームページ取材陣とMMAPLANETの独占取材を受け、9月20日(土・同)にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC JAPANで組まれるカードに言及した。

正式決定カード第1弾はマーク・ハント×ロイ・ネルソン、肉弾ファイトが日本で実現する。

──UFC173ポストファイト・プレスカンファレンスを終え、お疲れのところインタビューの機会を与えていただきありがとうございます。

「マイ・プレジャー、サンキュー」

──ここ1カ月間でTUFラテンアメリカ、そして11月にUFC初のメキシコ大会を開くことを発表。本当の意味でUFCはグローバル・ファイティング・スポーツに発展しました。そのなかでアジア・サーキットも本格的にスタートを切りました。アジアでのMMAの発展をどのように捉えていますか。

「素晴らしいことだよ。1990年代の終わりから2000年代まで、なんといっても日本はMMAのメッカだった。あの頃の熱気が再び日本に戻る様に、我々は本当に力を注いでいる。日本人UFCファイター、そうタケヤ・ミズガキのような選手の雄姿を日本のファンに見てもらいたい。彼は本当の意味で、バンタム級タイトル戦線にいて、タイトルを狙うことができるファイターだ。彼が大きなことをやってのけることを期待しているよ」

──今年、既にシンガポールとマカオで大会を開いていますが、8月には再びマカオ、そして9月に日本大会とアジアで2カ月連続でイベントがあります。中国と日本、UFCを伝える意味でも何か違った戦略を持っているのでしょうか。

「日本と中国だけじゃなくて、今後はフィリピンもタイも開催地候補に入っている。マーシャルアーツはアジアで生まれた。だからこそUFCはアジアで大会を開くし、凄く意味のあることだと思う。これからもっと大きくなっていくだろう」

──9月20日、さいたまスーパーアリーナでUFC JAPANが開かれます。既に日本大会で戦う選手など決定しているのでしたら、今、ここで彼らの名前を教えてもらうことは可能でしょうか。

「マーク・ハント×ロイ・ネルソンだ!!」

──!!

「多くの日本のファンもこの2人の試合にはエキサイトしてもらえるだろう。マーク・ハントはK-1、PRIDE時代から日本のビッグスターだし、ヘビー級の歴史のなかで、かつて見たことがなかったような激闘をビッグフット・シウバとやってのけた。ロイ・ネルソンはとんでもなくアゴが強い。2人とも同じスタイルで、同じだけのパンチ力を持ち、同じにように殴られ強い。もの凄く楽しめる試合になるだろう」

──日本のファンはマーク・ハントがロイ・ネルソンに厳しい試合を強いることを期待すると思います。なんせ今も日本人ファンのアイドル、ミノタウロ・ノゲイラをKOしたばかりですからね。

「その通りだ。このスポーツの歴史を作ってきたノゲイラをロイ・ネルソンは破った。そのネルソンと日本のファンが大好きなマーク・ハントが戦う。K-1とPRIDEを思い出させてくれるファイトになるんじゃないだろうか」

──今日はお疲れのところありがとうございました。日本のファンにメッセージをお願いします。

「UFCが日本に戻る。前回の大会は物凄かったし、ファンも素晴らしかった。日本に戻ることにエキサイトしているよ」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie