この星の格闘技を追いかける

【UFC173】ホールズワースがポジションでカムスを寄せつけず

2014.05.25

<バンタム級/5分3R>
クリス・ホールズワース(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
チコ・カムス(米国)

カムスの右フックに、アッパーを合わせようとしたホールズワース。カムスは積極的に踏み込んで回転の速いワンツーを打ち込む。ホールズワースはカウンターを合わせられずに鼻の周囲を赤くするも、左フックに左を合せていく。首相撲からシングルレッグでケージにカムスを詰めたホールズワースは、右腕を差して後方へのテイクダウンに成功する。サイドからマウントを取ったホールズワースだが、腰を押されバタフライフックに戻される。慌てずカムスの足を畳んで、レッグドラックから肩を固め、パスを狙うホールズワース。懸命に足を一本残すカムスがフルガードに戻すも、ホールズワースが残り10秒でパウンドを落とし、しっかりとスコアリングした。

2R、左ジャブを当てるようになったホールズワースだが、逆にワンツーを被弾する。ダブルレッグでケージに詰めてテイクダウンを決めたホールズワースは再びマウントへ。肩固めを仕掛けるも、カムスがバランスを崩させスタンドへ戻る。即テイクダウンからマウントを取ったホールズワースがバックマウントへ。背中を伸ばしたくないカムスは、上を向き肩固めを懸命に防ぐ。ホールズワースはマウントパンチから、エルボー、バックに回ると足を2本フックする。後方からのパンチを受けつつもRNCは防いだカムスだったが、2Rも落とし後が無くなった。

最終回、右から左フックを振りまわすカムス。空振りが続いたが、前に出続けるとついに左から右をヒットさせる。再び左を見せたところで、ホールズワースはダブルレッグでテイクダウンへ。しっかりとトップを取ったホールズワースは、ワキ差しパスに成功し、サイドから左エルボーを落していく。カムスはケージを背にするも、足を束ねられシングルバックの状態を取られる。前方に振り落されることなく、上手くフックした足を入れ替えたホールズワースが落ち着いてバックマウントへ。

残り1分、四の字フックからRNCを狙うホールズワースが、カムスの反応に合せてマウントに戻り肩固め。自ら技を解いたホールズワースは上体を起こし、エルボーを連打する。足を戻したカムスから、最後にもう一度パスを奪うと左エルボーをここでも落としタイムアップに。テイクダウンからポジションを圧倒したホールズワースが、フルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie