この星の格闘技を追いかける

【UFC144】福田力が嬉しいUFC初勝利

<ミドル級/5分3R>
福田 力(日本)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
スティーブ・カントウェル(米国)

サウスポーの福田。長身のカントウェルの右ミドルを顔面に受けそうになりながら、ダブルレッグダイブでテイクダウンに成功する。クロードガードのカントウェルに、勢いのある右パウンドを連続で落とす福田。

カントウェルはハイガードを狙うが、胸を張ってパウンドを引き続き放っていく。ペースを取ろうと、やや距離を取った福田に対し、カントウェルがすぐに反応してスタンドへ戻る。そのままケージに押し込んだ福田だが、距離を取ると右ストレートを受ける。

左フックから右ストレートで前に出てきたカントウェル。福田は再びテイクダウンを狙うが、これはカントウェルがスプロール。続く、シングルレッグも読まれた福田は、右ミドルをブロックしながら前に出るが、左アッパーが空を切る。

左へ回るカントウェルに左右のショートフックを放つ福田は、ヒザ蹴りにもプレシャーを受けず前へ出ていく。カントウェルの左に右を合わせた福田は残り30秒を切って、左ローに右ストレートを合わされそうになる。残り10秒でジャンピングニーで距離を詰めたカントウェルが、左ミドルを放ったところでタイムアップに。


2R、左ジャブを伸ばすカントウェル。福田も左ローを返していく。勢いのある右ローを蹴り込んだカントウェルに、福田はシングルレッグを狙う。ギロチンで迎え撃ったカントウェルが、右足を背中にあげて絞め続けるが、首を引き抜いた福田は立ち上がる。首相撲のカントウェルの左に、福田はダーティボクシングからダブルレッグへ。疲れたカントウェルもここでは倒れない。

残り3分を切って、福田は前に出てワンツーを連続で打ち込み、ケージにカントウェルを押し込む。首相撲のまま手が出ないカントウェルのスピニングバックフィストをかわした福田は、左フックを打ち込む。左アッパー、左ストレートと連続で打ち込んだ福田は、カントウェルの右フックに右を合わせ、左フックを振りながら前に出る。

カントウェルの右ミドルには、もう勢いがなく、福田はアッパーをヒット。さらに左右のフックを打ち込むも、カントウェルも右を返す。だが、ここで福田の左ローがカントウェルの股間を直撃し、試合が一時中断される。再開後、ミドルが相い打ちになり残り20秒。カントウェルは福田の左フックにダブルレッグを合わせテイクダウン。すぐに立ち上がった福田は、バックを取られるも、胸を合わせ2R終了の時を迎えた。

最終回、左ストレートを伸ばし前に出る福田は、左ローから右フックへ。さらに左右のローを蹴り込み、カントウェルの前足を止めにかかる。前に出てプレッシャーを与える福田は、ローでパンチを放つ。ケージを背にしたカントウェルが、前に出てくると左ハイキックへ。

福田も右フックから距離を詰め、右からアッパー、さらにダブルレッグでテイクダウンを奪取。カントウェルの三角絞め狙いを担ごうとした福田が、フットチョークで一瞬動きを止められる。直後に担ぎから、パスガードに成功した福田は、残り90秒でスタンドへ。

左ロー、左ストレートを疲れてノーガードになったカントウェルに打ちこんだ福田は右フックから左ミドル、足を止めて仕留めにかかる。カントウェルも懸命に手を出すが、体を揺らして軸を失っている。左ミドルを蹴り込むなど、福田は最後まで手を緩めず15分間を闘い抜いた。結果、3-0で福田がUFC初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie