この星の格闘技を追いかける

【Bellator121】昔の名前出ています? トンプソン&ソクジュ初陣

2014.05.23

Thompson & Sokoudjou

【写真】ジェイムス・トンプソンはSFL=インド、ティエリー・ソクジュはRFC=韓国とアジア経由でベラトール=北米復帰を果たす (C)SFL & MMPLANET

22日(木・現地時間)にBellaotより6月6日(金・同)にオクラホア州タッカービルのウィンスター・ワールドカジノで開幕する12014サマーシリーズ開幕戦のカードが発表された。

当初、ベラトール世界フェザー級王者パット・カーランが、パトリシオ・フレイレの挑戦を受ける予定だったが、ふくらはぎの負傷で欠場。メインはジェイムス・トンプソンがエリック・プリンドルと対戦するヘビー級マッチとなった。PRIDE以降、EXC、DREAM、SRC、そしてポーランドのKSWやインドのSFLなどでキャリアを重ねてきたトンプソン、一時は16勝14敗と勝率が50パーセントに近くなっていたが、ポーランドとインド、アイルランドのUnderdog ECなどで勝利を重ね19勝14敗に持ち直している。

「戻って来たぜ!! ビッグショーに戻ってくるために、これまでで最もハードトレーニングを積んできた。そして、遂にここにきた。6月6日はプリンドルを倒し、トーナメント出場権を得て、ベルトに辿りつく。ベラトールは新しい血が必要だ。信じてくれ、俺がそうなる」とトンプソンはリリースにコメントを寄せている。ビックステージ復帰に際し、相当エキサイとしているようだ。

通常シーズンの週一開催から月一開催となるサマーシリーズ、この他ライトヘビー級8人トーナメントの準決勝3試合=オーステン・ヘイドラージ×フィリップ・リンズ、エギリウス・ヴァラビーチェス×カーロス・エドゥアルド、ロドニー・ウォレス×ケリー・アヌンドソンが組まれている。また、この度トム・デブラス、ディミトリー・ソスノフスキー、スティーブ・ガルシアらと共に複数契約を果たしたティエリー・ソクジュが、同大会のケリー・デヴィニー戦でベラトール初陣を早速迎えることとなった。日進月歩のMMA、かつてのビッグネームがどのようなファイトを見せることができるのか――に注目が集まる2014サマーシリーズとなる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie