この星の格闘技を追いかける

【UFN43】日沖発。「スタンドでペースを握りたい」

2014.05.21

Team Alive

【写真】インタビュー後にHEAT31では、ALIVEの同門・加藤久輝がHEATミドル級王座を獲得。ALIVEトップ3は2月のRFCの久米鷹介、2月&4月はHEATで加藤、3月のUFCで日沖が勝利と調子を上がっている。果たして6月の日沖は……(C)MMAPLANET

6月28日(土・現地時間)、ニュージーランドはオークランドのベクター・アリーナで開催されるUFN43「Te Huna vs Marquardt」で、シャーウス・オリヴェイラと対戦する日沖発の話を4月19日に訊いた、インタビュー最終回。

川尻×グィダ戦の印象から、改めてオリヴェイラ戦でどのように戦うかを語ってもらった。
<日沖発インタビューPart.01はコチラから>
<日沖発インタビューPart.02はコチラから>

──川尻×グィダ戦、どのような印象を持たれましたか。

「川尻さんらしい試合にならなかったのは……、ペースを握れなかったのは意外ではありました。パンチはプレッシャーがないとか、僕が余計なことを言ってしまったんじゃないかと(※ゴング格闘技の取材で川尻と対談し、クレイ・グィダの印象を語った)、申し訳なかったです」

──あの試合を見た時、じゃあチャド・メンデスの強さってどんなものなんだと恐ろしくなってしまったんです。

「あぁ、そうですよねぇ……。チャド・メンデスは、少し別格だと思います。あと、グィダは相性が悪かったというのもあるかとは思います。テイクダウン合戦でグィダより強い選手は少なくて、チャド・メンデスはフィジカル&レスリングでグィダより上なので、打撃でペースを取られてしまいましたよね」

──川尻選手の試合を見て、日沖選手がハイキックを入れたことを再評価されたり、テイクダウンされても致し方なかったんだいう反応がありました。

「う~ん、僕も負けているので、そこは……。グィダは強いです」

──一つのテイクダウンがラウンドの優劣を分ける。そういう山場とは違う、シャーウス・オリヴェイラ戦になりそうな気がします。

「さっきはフィニッシュと言いましたが、極める以外の部分でも武器を持っています。よくいうウェルラウンダーです。テイクダウンもできるし、打撃は蹴りもパンチも切れます。そういう意味では、どのような展開になっても、相手もこっちもどちらも良さが出る試合になるかと思います」

──ジャブと前蹴りで完封は難しいですか。

「ジャブでペースは掴みたいですけど、リーチがあるので……。自分より小さな相手の場合はそれで行けるかもしれないけど、相手もジャブが切れるので、どうですかね。お互いにジャブと前蹴りが当たりだせば、ベースを握ることができるんじゃないでしょうか。エドガー戦でも綺麗にジャブを打っていましたしね」

──寝技の局面になっても、互いに攻撃、そして反撃という力を持っていますが、その前の段階でやはり打撃の攻防で、距離、そしてリズムを掴むことが大切になって来る?

「そうですね。スタンドが重視されていますし、スタンドでペースを掴まないとグラウンドにならないです。グラウンドになったとしても、良いペースで入っていかないと意味はないです。だからスタンドで打撃もレスリングも距離も、色んなことを踏まえてペースを掴みたいですね。それはボコボコと殴るという意味ではなくて、距離とかタイミングとかも踏まえてペースを握りたいです」

──では、ファンにメッセージをお願いします。

「6月28日、シャーウス・オリヴェイラ戦、しっかりと練習して結果残してきます。応援よろしくお願いします」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie