この星の格闘技を追いかける

【PFC11】タクミ、体格差と3分勝負を跳ね返せず

2008.11.22

(C) GONG KAKUTOGI第9試合ライト級/3分3R
ドミニク・ロビンソン(米国)
Def.判定3-0
タクミ(日本)

【写真】ロビンソンはタクミとは対照的に、瞬発力+出足の攻勢点で勝負してきた (C) GONG KAKUTOGI

元KOTC世界ライト級王者として、カリフォルニアでの知名度が高いタクミ。対戦相手のロビンソンはライト級契約を3ポンド・オーバーのまま、試合に挑む。アスレチック・コミッションのサンクションを受けないPFCでは、以前のような大らかな競技進行が成されている。そして、何もなかったかのように試合がスタートすると、体が一回り以上大きなロビンソンは、首相撲から勢いのあるヒザをボディに放っていく。


タクミもパンチやローを蹴り返すが、ミドルを掴まれテイクダウンを奪われてしまう。しかし、腰が高いロビンソンを見て、すぐさま片足タックルに捉えたタクミ。パスガードに成功するも、ここで1Rが終了となった。ルールで定められていることだが、やはり1Rが3分では、試合の山が2度訪れることがなく、瞬発力対決になってしまう嫌いがある。

2Rに入っても、やはりロビンソンはすぐに仕掛けてきた。組ついてからヒザを狙ったロビンソン、タクミはバックを取り、背中に飛びつこうとする。腕をとられ、頭をくぐられ着地したタクミ。直後に、ロビンソンのヒザ蹴りを急所に受ける。不慮の事故として、タクミに5分間の休憩時間が与えられ、ノーペナルティで試合が再開。

ロビンソンが突進してくることが予想していたタクミは、またもバックを奪うことに成功し、今度はしっかりとスタンドながらバックグラブの状態に持ち込むことに成功する。チョークこそ取ることはできなかったが、パンチを顔面に当てて最終回を迎えた。

最終ラウンドは、互いにコーナーで組あったまま時間が過ぎ、残り30秒になったところで打ち合いを転じると、クリーンヒットはないもののパワーで押され、タクミはバランスを崩してしまう。もともとバランスがやや悪いタクミのスタンドの打撃だが、これがジャッジの印象を悪くしたこともあり、0-3の判定で敗れてしまった。

1R×3分では持ち味が発揮しづらかったタクミだが、試合タイムはが分かっての参加だけに、もう一工夫が欲しかった。

『PFC11』主要試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie