この星の格闘技を追いかける

【UFN40】エド・ハーマン、粘り腰でナタウから3-0判定勝利

2014.05.11

<ミドル級/5分3R>
エド・ハーマン(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ハファエル・ナタウ(ブラジル)

力の入ったパンチが行き交った後、ナタウが組みつくもすぐに離れる。ナタウは左ローを入れてサークリングへ。ナタウのローに左を振るったハーマンだが、そのローを受けて姿勢を崩す。続く右ローでバランスを失いマットに背中をつけたハーマンがガードを取る。パウンドやエルボーをナタウが落すも、動きは決して多くない。ケージ際まで移動し、金網を利用したハーマンが立ち上る。直後に小外掛けでテイクダウンを許したナタウが、逆にパウンドを被弾する。ハーマンは左の鉄槌を3度落し、エルボーへ。ナタウはスタンドへ戻るも、ハーマンのラウンドとなった。

2R、ナタウが左ミドルを入れるも、ハーマンがフックの連打で反撃。左ローをキャチしたハーマンが、右を2発打ち込む。2分を経過したところでナタウがダブルレッグでテイクダウンへ。トップをキープしたナタウだったが、レフェリーがブレイクを命じる。直後にハーマンが組みついてナタウをケージに押し込む。ハーマンのヒザ蹴りが急所に入りレフェリーがブレイクを命じようとしたが、ナタウは続行を訴え距離を取り直す。ミドルから再び組みついたハーマン、ナタウが体を入れ替えたところで2Rが終わった。

左の相打ちで始まった最終回、ナタウのテイクダウン狙いをハーマンが切る。テイクダウンを防がれる展開が続いたナタウだが、離れ際に左フックを2度ヒットさせる。続くクリンチの攻防で。ナタウのヒザが急所へ。再開後、フックの連打を入れたハーマンが前に出る。ナタウは前蹴りで突き放したいが、右ミドルをボディに受ける。ペースが落ちた両者、一瞬の瞬発力勝負のようなパンチ、クリンチの攻防が続く。そのまま大きな動きはなく、試合はタイムアップに。結果、ハーマンが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie