この星の格闘技を追いかける

【UFN40】ニック・レンツがガンバーリャンに組み勝つ

2014.05.11

<フェザー級/5分3R>
ニック・レンツ(米国/9位)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
マニー・ガンバーリャン(米国)

ケージ際から右を伸ばし前に出てきたレンツは、続いて左ダブルから右を打ち込む。ガンバーリャンの右フックにヒザ蹴りを合わせたレンツ、しっかりと間合いを計って思い切り右オーバーハンドを放っていく。これは空振りになったが、組んで腰をコントールするとヒザを2発突き上げて、ガンバーリャンを前方に組み崩していく。ガンバーリャンが胸を合わすと、ヒザ蹴り合戦へ。ガンバーリャンの一発のヒザ蹴りに対し、レンツは顔面と腹部に複数のヒザを蹴り込んでいく。この攻防のなかでレンツの右ショートがガンバーリャンの急所に入ってしまい試合が一時中断する。再開後、前に出たガンバーリャンのボディを受けたレンツはハイキックから組みつきテイクダウンを奪う。

ガンバーリャンの立ち上がり際にバックに回ったレンツは、再度正面からダブルレッグを仕掛ける。キムラロックで耐えるガンバーリャンだが、レンツはバックコントロールからボディにヒザを入れる。急所打ちのアクシデントはあったが、レンツがガンバーリャンを組み伏したラウンドとなった。

2R、左右のフックからハイを放ち、前に出てきたレンツにガンバーリャンの右フック、さらに右ボディが決まる。距離を取り直したレンツもボディアッパーを入れると、ガンバーリャンがシングルレッグでテイクダウンに成功する。ケージ中央で背中をマットにつけたレンツは、すぐに立ち上がることができない。背中を預けながら立ち上がり、胸を合わせてから離れたレンツは、すぐに組んでヒザ蹴りを見舞い、ボディロックからテイクダウンを奪取。ここでもバックから正面に回ったレンツが、ヒザをマットにつけているガンバーリャンの胸にヒザ蹴りを放つ。ガンバーリャンはシングルを切られケージ際に自ら下がるも、ヒザをボディに受け続ける。レンツは立ち上がったガンバーリャンをケージに押し込み、ダブルレッグからバックへ。右目が大きく腫れあがったガンバーリャンは、ケージに押し込まれた状態で2R終了を迎えた。

インターバル中に右目を気にするガンバーリャンが、大きな右を振るい最終回がスタートする。右フックからヒザ蹴り、さらに左右のコンビネーションを見せたレンツは、パンチを被弾しながらもガンバーリャンをドライブし、テイクダウンへ。ガンバーリャンはキムラロックからリバーサル、さらに回転を続けたレンツがエスケープに成功しトップへ。足に組みつき、トップを取り返したガンバーリャンは、ギロチンを抜いてトップを奪うも、レフェリーが早々にブレイクを命じる。

残り2分、スタンド戻って細かい打撃の応酬が続くと、ガンバーリャンが再びテイクダウンへ。首をコントロールしトップを取ったレンツが、バックからエルボーを頭部に入れる。立ち上がってもケージに押し込まれた状態が続いたガンバーリャンは、反撃の機会を作ることができずに試合が終了した。結果、フルマークでレンツが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie