この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX12】トムソン凱旋試合は、絶好調ジョンソンと

2014.05.10

Johnson

【写真】サウスポーの利点を生かしたファイトで、赤丸急上昇中のマイケル・ジョンソンがジョシュ・トムソンと対戦する (C)GONGKAKUTOGI

9日(金・現地時間)、UFCより7月26日(土・同)にカリフォルニア州サンノゼのSAPセンターで開催されるUFC FOX 12で、ジョシュ・トムソンがマイケル・ジョンソンと対戦するライト級戦が組まれることがアナウンスされた。

アンソニー・ジョンソン×アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ戦に続いて決定した、この対戦。サンノゼで生まれ育ったトムソンにとって、1年3カ月振りのホーム凱旋となる。そんなトムソンは1月のベンソン・ヘンダーソンで微妙なスプリット判定負けを喫して以来、半年振りの試合で上昇気流に乗っているジョンソンと対戦することとなった。

UFC戦績は7勝4敗ながら、ここ最近では3連勝中のジョンソン。サウスポーの長所を生かして戦い、インパクトを残してきた。3月にメルビン・ギラードをリリースに追い込む判定勝ちを収め、グレイゾン・チバウにはKO勝ち、ジョー・ローゾンからも判定勝ちと、UFCを代表する歴戦の勇者たちを下してきた。ジョンソンの好調の要因はブラックジリアンのオランダ人トレーナー=ヘンリー・ホーフトの指導を受け、打撃が飛躍的に成長したことにある。

右側にヘッドスリップし、距離が近づいたところで左ストレートを思い切り伸ばす――そんなサウスポーの利点を生かしたパンチに、強烈な左ローや左ミドルを織り交ぜ、要所でテイクダウンを決める。前蹴りで相手との間合いを計ることができるトムソンに対し、敵地サンノゼで過去3戦の勢いを持続したファイトをジョンソンがやってのけることは可能か。トムソンを破るようなことがあれば、ジョンソンは一気にタイトルコンテンダー争いの主役に躍り出ることになる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie