この星の格闘技を追いかける

【UFC144】「史上最強のKIDが見られるはず」(クーニャ)

Sergio22日(水)、東京・渋谷のゴールドジムで行われたオープンワークアウトで懐かしい顔に出会った。かつてシュートボクセ・ジャパンや吉田道場で指導していたセルジオ・クーニャ、その人である。

【写真】オープンワークアウトでKIDのミットを持つセルジオ・クーニャ (C) MMAPLANET

現在はトロントのメッカMMAで指導する彼は、山本KID徳郁の打撃コーチとして、来日を果たしていた。UFC2連敗、あとのないKIDは、トロントで何を学び、さいたまスーパーアリーナで何を見せてくれるのか。セルジオ・クーニャに尋ねた。

――クーニャ、久しぶりの日本にまさか山本KID徳郁選手のセコンドとしてやってくるとは思いもしませんでした。KID選手とはどれぐらいトレーニングを積んでいたのですか。

「3カ月ほどだね。僕がコーチを務めているトロントのメッカMMAチームでキャンプを3カ月間張った。僕は打撃を指導し、BJJ、レスリングのコーチもいて完璧なチームなんだ。コンディショニング・コーチもしっかりとKIDのことをサポートしていた」

――UFCでの2試合、KID選手にはどんな問題があったと思いますか。

「MMAは日進月歩しているスポーツだ。KIDには、今回行ったようなフルキャンプが必要だった。そこで、小さな修正点から洗い出すことができたんだ。

KIDはMMAで勝つためにピュア・レスリング、ピュア・グラップリング、打撃の練習をし、しっかりとした戦略に基づいてトレーニングを行った。僕らがやってきたことは、日曜日にその結果がでる。きっと、対戦相手をぶちのめすよ」


──どのような点に修正点を加えたのですか。

「KIDは爆発力のあるファイターだ。16試合でTKO勝ちをしている。パワーのあるストライカーであることは証明している。ただし、彼が敗れるときは、相手がレスラーの場合が多い。そこに着眼した。

彼が試合で勝つために、欠かせないコンビネーションを授けた。と同時に、KIDがトップを取るためのゲームプランに沿った練習を行った。

そして、関節技からのエスケープかな、力を入れていたのは。僕の専門は打撃だから、当然、ハイキックからクリンチ、エルボー、ニー何でもやってきたよ。

もちろん、試合前だからKIDの作戦を教えるわけにはいかないけど、どんな状態からでもテイクダウンできる準備は整えてきた。

KIDはパワフルなストライカーであると同時に、優れたレスラーだからね。倒されないように動いて、打撃をいれるトレーニングも十分にこなしてきた。それにね、KIDは柔術だって凄く巧いんだ」

──なるほど。ところで、08年にKID選手が喫したヒザの負傷。あれ以来、KID選手は本領発揮できなくなったという見方もできますが、現在のヒザの調子はどうなのですか。

「ヒザは100パーセント問題ない。彼のキャンプは、完璧だったからね。全ての面でKIDを支えてきた。トレーニング時間にフィジカルの面倒をみるだけでなく、食事面の管理も行ってきたんだ。

そして、ドクターは彼のヒザは100パーセント大丈夫だと言っている。この間のトレーニングで、筋肉の量だけでも3キロも増えた。きっと、史上最強のKIDが見られるだろう。そのために、僕らはキャンプを組んできたんだから」

■UFC144「Edgar vs Henderson」対戦カード

<世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]フランク・エドガー(米国)
[挑戦者]ベンソン・ヘンダーソン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン(米国)
ライアン・ベイダー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
シーク・カンゴ(フランス)
マーク・ハント(豪州)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
ジェイク・シールズ(米国)

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
ティム・ブーシュ(米国)

<フェザー級/5分3R>
日沖発(日本)
バート・パラジェンスキー(米国)

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
ジョー・ローゾン(米国)

<ライト級/5分3R>
五味隆典(日本)
光岡映二(日本)

<バンタム級/5分3R>
山本KID徳郁(日本)
ヴァグハン・リー(英国)

<ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
スティーブ・カントウェル(米国)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本)
クリス・カリアソ(米国)

<フェザー級/5分3R>
田村一聖(日本)
ジャン・ティエチュエン(中国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie