この星の格闘技を追いかける

【UFC Fuel】マークスがスプリットで接戦制し、連勝果たす

2012.02.16

<ミドル級/5分3R>
ホニー・マークス(ブラジル)
Def.判定2-1:29-28、29-28、28-29
アーロン・シンプソン(米国)

左右にステップを踏みながら、ジャブを出すシンプソン。前に出てパンチを見せた直後に、マークスが左右のフックを放ちシンプソンの動きを止める。そのまま組みついたマークスが、シンプソンをケージに詰めるが、テイクダウンはできず、押し込んでいく。

態勢を入れ替えたシンプソンだが、すぐにマークスが押し返すと、レフェリーがブレイクを命じる。打撃戦になると足を使うシンプソンに対し、マークスはローを連打、カウンターを打ち込むタイミングを計る。

前に出たシンプソンに左右のフックを入れ、追いかけて右を伸ばしたマークス。距離を取ったところで、逆に踏み込んだシンプソンがアッパーを打ち抜くと、マークスがダウン。ガードを取るマークスにパウンドからエルボーを連打すると、腕十字を凌いで立ち上がった。


ガードを取るマークスにローを入れ、スタンドで待ち受けたシンプソン。レフェリーがマークスを立たせると、勝負を掛けたようにマークスがフックを連打してくる。ガードが甘いマークスにパンチを入れたシンプソンが、ケージまでドライブしたところで、1Rが終わった。

2R、マークスのローに右ストレートを合わせたシンプソン。左へ回りながら、右フックを打ち込むと、組みついてマークスをケージに押し込んでいく。距離を取ったマークスは、左右のフックを振るうが、シンプソンも距離を取る。両者前に出てパンチを打ち合うなか、シンプソンが再び組みついてドライブを見せる。

マークスが押しのけて距離を取ると、直後に組みついたシンプソンは、大腰のように投げを打つが、踏ん張ったマークスが今度はシンプソンをケージに押し込んだ。態勢を2度、3度と入れ替えた両者。ついにマークスがテイクダウンを奪うことに成功する。

残り1分、サイドを取ったマークスは細かいエルボーから、左右のパウンドを入れる。ケージを使って立ち上がったシンプソンは、首相撲からヒザを狙うが距離を潰され、ラウンドを取りかえされる格好となった。

3R開始直後、組みついたシンプソンだが、自ら距離を取り直す。ローを蹴り込むマークスが右ストレートを伸ばすと、シンプソンのフックに組みついてドライブ、ケージにシンプソンを押し込むが、レフェリーがブレイクを命じる。

互いに相手のパンチをバックステップでかわすなか、再びマークスが組みついてシンプソンをケージに押し込む。ここでもレフェリーがブレイクを掛け、試合がケージ中央に戻ると、今度はシンプソンがパンチからテイクダウンを狙う。これを防いだマークス。シンプソンは右フックを振るって前に出るが、腰をついて崩れる。バックに回ったマークスは、正面を向き直し、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。

残り10秒、立ち上がったシンプソンだが、反撃できないままタイムアップに。ジャッジの裁定は2-1で分かれたが、マークスが判定勝ちでUFC2連勝を果たした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie