この星の格闘技を追いかける

【RFC06】足を止めての打ち合いは、ヘソックに凱歌

Hae Suk Son def<RFC初代ミドル級王座決定トーナメント準決勝/5分3R>
ソン・ヘソック(韓国)
Def.2R0分28秒by TKO
イ・ウンス(韓国)

【写真】入場シーン、足を止めての打ち合いは3000人近く集まった観客にも大受けだったソン・ヘソック(C) MMAPLANET

生ラップと、マスクをつけて入場したソン・ヘソック、対するイ・ウンスは第1回Sprit MCから活躍する韓国MMA界の生き証人。序盤は距離を見合った両者だが、遠い距離から思い切りフックを振りまして戦う。

まずはソン・ヘソックの右がヒットし、動きが止まったイ・ウンス。イ・ウンスは右ローから、右フックを返すと、今度はヘソックがふらつく。近距離でパンチを打ち明日と、イ・ウンスは頭が下がり、ヘソックはガードが下がるという危なっかしい展開に。そんな両者の打ち合いは、一度は急所蹴りでインターバルが必要だったヘソックが打ち勝つ。


2R、ローで間合いをはかるイ・ウンスだったが、ソン・ヘソックが前に出てくると、ケージ際まで下がり、足を揃えてパンチの打ち合いに。イ・ウンスの右でソン・ヘソックがのけ反る場面も見られたが、左から右フックで背を背けるようになったイ・ウンスに、ソン・ヘソックの左アッパーが後方からヒットする。

この一発で腰から崩れ落ちたイ・ウンス、鼻血を滴らせながらソン・ヘソックが両手を広げて勝利のアピールをし、決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie