この星の格闘技を追いかける

【DARE 1/12】高瀬出場のタイMMA=DARE1月7日大会

2012.01.30

DARE
【写真】1999年7月のUFC21におけるジェレミー・ホーン戦で海外MMA挑戦を始め、12年と5カ月で勝利を挙げた高瀬大樹。この白星を次にどうつなげることができるか――期待したい(C)DARE FS

リアルタイムで追えなかったMMAイベントを後追いリポートするMMA SALON、今回は7日(土・現地時間)にバンコクのインソムニア・ナイトクラブで開催されたDARE Fight Sports 1/12の模様をお届けします。

今回が3度目の大会開催となったDARE Fight Sports、フライ級からヘビー級まで8階級で16名のトーナメントを行い、ミドル級トーナメントには日本から高瀬大樹が出場、バンコク在住の米国人ブランドン・ケスラーと対戦した。

ジャンピングガードから引き込みを見せるなど、ヒヤッとした場面もあった高瀬だが、ガードからキムラやヒップスローを決め、快勝。場内にタカセ・コールが起こるなど、ベビー・フェイスとして迎え入れられた。


DARE 1/12、詳細は下記より
<ミドル級/5分3R>
高瀬大樹(日本)
Def.判定3-0:29-28,29-28,29-28 [詳細はコチラ
ブランドン・BK・ケスラー(米国)

<5分3R>
マルセーロ・テノリオ(ブラジル)
Def.2R0分34秒 by TKO [詳細はコチラ
ジョン・ナット(タイ)

<5分3R>
トンダンロン・パンジャブトラ(タイ)
Def.2R2分38秒 by TKO
ティーラパック・サエタエ(タイ)

<ライト級/5分3R>
メジャー・オーバーオール(日本)
Def.1R1分38秒 by リアネイキドチョーク
AJ・ヴァー(マレーシア)

<ライト級/5分3R>
シェーン・ウィッギャンド(米国)
Def.2R2分38秒 by TKO [詳細はコチラ
マルコ・フーサンサーリ(フィンランド)

<フェザー級/5分3R>
タナポン・クニャンカエウ(タイ)
Def.2R2分38秒 by TKO
マングチュス・レウタウィー(タイ)

<ウェルター級/5分3R>
アンマー・チャラビ
Def.1R1分34秒 by Submission
アンドレダ・シグノリニ

PR
PR

関連記事

Movie